日本神話や昔話を紹介

最新の日本神話や日本昔話

th_kaminagahime

古事記より「髪長比売・国栖の歌」を現代語訳イラスト付きでご紹介。大雀命が皇子であった時のこと。皇子は、一目見て美しい髪長比売に心を奪われますが――

古事記の続きを読む

ouzin_three_child_sm

古事記より「応神天皇と三兄弟」を現代語訳イラスト付きでご紹介。ある日応神天皇は、ふたりの御子、大山守命と大雀命を呼び出しある質問をしますが−

古事記の続きを読む

ouzin_sm

古事記より「后妃と御子」を現代語訳イラスト付きでご紹介。応神天皇が結婚した后と、子息子女についてのお話です。

古事記の続きを読む

大納言流罪

平家物語「大納言流罪」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。安元三年六月二日、藤原成親は都を出され、流刑先の備前国児島へ護送される。

平家物語の続きを読む

烽火之沙汰

平家物語「烽火之沙汰」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。後白河法皇を幽閉しようと計画する入道を、内大臣重盛は袖を濡らしながら説得し続ける。父を何としてでも思いとどまらせるため、忠孝を重んじる重盛が考え出した方法とは…。

平家物語の続きを読む

教訓状(後)

平家物語「教訓状(後)」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。清盛の元へと出向いた重盛は、成親の罪を減じるように説得をする。

平家物語の続きを読む

%e4%b8%89%e6%af%9b%e5%85%a5%e9%87%8e%e5%91%bd02

宮崎県に伝わる民話「三毛入野命の鬼八退治」をイラスト付きでご紹介。神武東征軍から一人はぐれた三毛入野命は、七ヶ池のほとりで悲しみに暮れる美しい姫の姿を見る。

日本神話の続きを読む

『常陸国風土記』に残る、「賀毘礼(かびれ)の高峰」(御岩神社の由来)を紹介。松の木に鎮まっていた荒ぶる神に悩まされていた民は朝廷に助けを求め、片岡大連が派遣される・・・。

日本神話の続きを読む

阿遅須伎高日子根命

出雲風土記「阿遅須伎高日子根命神話」を現代訳、イラスト付きでご紹介。大国主命の御子である阿遅須伎高日子根命はひげが八握ほどにも伸びるというのに朝も夜も泣くばかりで言葉を話すことが出来ませんでした。そこで大国主命は夢のお告げを祈願されました。

日本神話の続きを読む

s_dairi

「内裏の松原にして、鬼、人の形と成りて女を嘲ふ語ー今昔物語集ー」月が明るい夜、三人の女官達は、武徳殿の東側にある宴の松原を歩いていた。すると、松の木の下に一人の男が現れ、一人の女官を呼び止め、木陰へと誘った――

古代の日本昔話・民話の続きを読む

妹背山「蝦夷子館の場(1)」

蝦夷子の呼び出しに参上した久我之助は、采女の局が死んだと報告する。

古代の日本昔話・民話の続きを読む

両面宿儺(りょうめんすくな)

両面宿儺の昔話をイラスト付きでご紹介。仁徳天皇の時代、飛騨の岩山に、一体両面にして四手両脚の異人が現れた。名を宿儺という。彼は飛騨の民を苦しめていた悪鬼や竜神を平らげ、民にしたわれるが

古代の日本昔話・民話の続きを読む

enosimabenten-monogatari1sm

鹿児島県民話『江の島の弁天様』をイラスト付きで紹介。毎年、煙草の花が薄紫に色づく夏になると鱶九郎という人さらいが現れて娘達をさらっていました。ある日、娘達を船で運んでいると濃い霧に包まれて船を進ませることができなくなりました。

中世の日本昔話・民話の続きを読む

しっぺい太郎(猿神退治)のお話をイラスト付きで紹介。人身御供を取る無残な泣き祭を目の当たりにした旅の僧侶行念。化物たちが恐れていたしっぺい太郎を探して近江国へ旅立つのです。

中世の日本昔話・民話の続きを読む

yourou-sm

「古今著聞集」より養老孝子伝説(養老の滝のいわれ)を、現代語訳挿絵付きでご紹介。孝行息子の源丞内は、いつものように薪をとりに山に入っていました。苔の生えた岩に足を滑らせて崖から落ちると、どこからかお酒の匂いが…!

中世の日本昔話・民話の続きを読む

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ab02

「アイヌ民話」より、コロポックルを挿絵付きでご紹介。アイヌに伝わる伝説の妖精「コロポックル」と人間の物語。彼らが姿を見せなくなった理由とは・・・。

近代の日本昔話・民話の続きを読む

溶けてしまった雪ん子サムネイル

青森県の民話、溶けてしまった雪ん子をイラスト付きでご紹介。ある吹雪の夜、子供のいない老夫婦のもとに赤ん坊を抱いた女が訪れる。二人はこの子を育てることになったが、この子はあついのが苦手で・・・

近代の日本昔話・民話の続きを読む

蟹淵と安長姫

蟹淵と安長姫の現代語訳をイラスト付きで紹介!樵の丹治は山奥で木を切っている最中に淵に斧を落とします。すると淵から女神が現れ、丹治に頼みごとをしました。「どうか、突如現れた巨大な蟹を倒してください。」と------------

近代の日本昔話・民話の続きを読む

ジャンルから日本神話・日本昔話を探す

  • 古事記

    日本最初の歴史書『古事記』。
    天地創造の神話からはじまり出雲神話、天孫降臨神話などを経て天皇の治める御代の世界まで描かれています
  • 平家物語

    平家の栄華と没落までを描いた軍略期『平家物語』。
    平安時代の雅な世界から武士社会へと変貌を遂げる道のりが描かれています
  • 日本神話

    各国の風土記やアイヌ神話など古事記・日本書紀で語られなかった日本神話をご紹介しています。
  • 古代の物語

    平安時代の雅な物語から魑魅魍魎が出てくる昔話までご紹介。陰陽師安倍晴明が活躍するお話も多く紹介しております
  • 中世の物語

    平安時代の雅から一変武士の社会へと変わった時代。妖怪の伝説や武士や城主の昔話までご紹介しております。
  • 近代の物語

    江戸時代から明治時代のお話。文明が発達してもところどころに残る不思議なお話や民話を多くご紹介してます。
  • 雨月物語

    江怪談物語をおさめた短編小説集「雨月物語」。死してなお残る「信念」「執着」といったものが描かれています。

日本神話や日本昔話を
御紹介する訳

言霊では、古事記や風土記など日本神話日本昔話などから古来日本人の暮らしや伝統を感じる中で日本の素晴らしさを再認識して頂きたいと立ち上げました。

本サイトのタイトルを「言霊」と致しました由来は、先人の言葉が今もこの世に残り人々に語り継がれて何らかの影響を与えている。
つまり、先人の「言霊」は未だこの世に残っている。

紹介する日本神話や日本昔話

言霊では「日本神話」「古代」「中世」「近世」の時代に分けて日本昔話、日本神話を御紹介し、連載として「古事記」「平家物語」を御紹介しております。

また、連載ではございませんが雨月物語や怪談話もご紹介しております。

言霊ではより親しみやすく古典に触れてい頂く為に全て昔話・日本神話の一場面を描写した挿絵を入れております。多くの皆様に日本の昔話・日本神話に親しん頂ければ幸いです。

言霊で紹介する日本神話や昔話の範囲

ご紹介する古事記などの日本神話や日本昔話、古典などは原典に忠実に内容を省略せず現代訳をしてご紹介しています。ただし、作中の描写などの表現は言霊の文章担当が着色を加えることがあります。

また、言霊で紹介する日本神話や日本昔話などは上記の通りオリジナルになりますので文章や挿絵の無断転用は固くお断りしております。

ページトップ