» かちかち山(兎の大手柄)

近代の物語

近代の物語

江戸時代から明治時代のお話。
文明が発達してもところどころに
残る不思議なお話や民話を多く
ご紹介してます

かちかち山(兎の大手柄)

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4.5/5 (2)

昔々、あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。
ある日のことです。お爺さんが畑を耕していると、裏山から一匹の狸が出てきて、
お爺さんがせっかく撒いた種も芋も、土の下からほじくり返して食べてしまいました。
そして、お爺さんをからかって、楽しそうに歌うのでした。

「あんたの撒く種は 千粒が一粒さ
夜になったら もとなしだ」

お爺さんはかんかんに怒って、鍬を持って狸を追い駆けましたが、
いたずら狸の足は速く、山の中へと逃げ帰っていきました。

翌日も、その次の日も、畑にいたずらにやってくる狸にお爺さんはとうとう我慢ならず、罠をしかけることにしました。
狸がいつも腰かけている石の上にとりもちをべったりくっつけておいたのです。
するとどうでしょう、狸はまんまと騙されて、尻にとりもちをくっつけて、
いつものように山へ逃げ帰ることができませんでした。

お爺さんはすっかりご機嫌です。

「狸の尻べた 根が生えた
日が暮れたら 狸汁にしてもとなしだ」

と、歌うと狸を藤づるでぐるぐる巻きにして家に持ち帰りました。
そして、戸口に狸を吊るして、お婆さんに、

「婆さん、しっかり番をしておくれ。晩にわしが帰ってくるまでに狸汁をこしらえておいてな」

と言い残して、また畑へ出ていきました。

お婆さんが臼を出して粉をついていると、戸口に吊るされた狸がたずねてきます。
「お婆さん、どのくらい粉をつくんだい?」
お婆さんは答えます。
「臼みっつと桶みっつぶんくらいかねえ」
「ああ、それは気の毒だ。手伝ってあげよう。だから、この藤づるをちょっとばかし解いておくれ」
「ほどいたらあんたは逃げるじゃないか。爺さんに怒られるからいやだよ」
「なあに、怒られるものか。いまさら逃げないから、粉つきが終わったら、もとのように吊るしておけばいいのさ」
狸があんまりうるさく言うので、お婆さんはとうとう、狸の言うことを信じて藤づるを解いてやることにしました。
「よし、じゃあおれがお婆さんの代わりに粉をついてやろう」
狸はお婆さんからきねを受け取ると、粉をつくふりをしていきなりお婆さんの額をごつんと打って、お婆さんを叩き殺してしまいました。
そして、お婆さんの皮をはいでかぶり、狸汁の代わりに婆汁を作って、お爺さんの帰りを待つことにしました。

夕方になると、なんにも知らないお爺さんは「そろそろ狸汁はできただろうか」と考えながら、ごきげんな様子で家に帰ってきました。
するとお婆さんに化けた狸も待ちかねたというように、
「おやおや、おじいさん、遅かった遅かった。狸汁は煮えてるから、食って下され」
と言って、お爺さんに狸汁をすすめた。

お爺さんは「これはごちそうだ」と嬉しそうに一口食べてみると、なんだか変な味がした。
「なんておかしな味のする狸汁だ」と、小首をかしげると、
「狸が煮られるとき、屁をたれたからね。きっとその味だ」
と狸はそしらぬ振りをしました。
最初は不思議そうにしていたお爺さんもだんたん「そうか。これはうまい、うまい」と夢中になって、三杯もおかわりして食べた。
食べ終わるのを見て、狸は満足げに笑ってしまいます。そして思わず大声で叫んでしまいました。

「流しの下の骨も知らずに
婆汁食って、ああおかしい」

狸はお婆さんの皮をぬいで、裏口からついと山まで逃げていきました。
お爺さんにはびっくりして、腰を抜かしてしまいました。
そして流しの下にお婆さんの骨を見つけて、とうとう泣きだしてしまったのです。

「ああ、くやしい。えんえん、お婆さんを食ってしまった、えんえん」
と悔し涙を流していると、そこへ、
「お爺さん、なにを泣いてなさるのです」
と、兎がのそりのそりとやって来ました。

「うさぎどの、うさぎどの。聞いておくれよ」といって、お爺さんは泣く泣く、裏山のわる狸にお婆さんを殺され、煮て食わされた話をした。
兎はたいそう気の毒がって、
「それはたいそうかわいそうだ。わたしが仇を討ってやりましょう」
と約束して、お爺さんを元気づけてやりました。

あくる日、兎は狸が住む裏山まで出かけていってたきぎを拾い始めました。
すっかりたきぎが集まると、袋へ入れて持ってきたかち栗を出してばりばりと食べ始めます。
すぐにその音を聞きつけた狸がやってきて、兎へ言いました。

「うさぎどん、ずいぶんおいしそうな栗だねえ。少しくれないかい」
「あげてもいいよ。その代わり、このたきぎを半分、向こうの山までしょっていっておくれよ」
たきぎはずいぶん重そうでしたが、狸はどうしても栗が欲しかったものですから、しかたなくそれを背負って先だって歩き出しました。
向こうの山まで着くと、狸は振り返って尋ねました。
「うさぎどん、うさぎどん。そろそろ、かち栗をくれないか」
「もちろんあげるよ。もう一つ向こうの山まで行ったらね」
そう言われてはしかたがないので、狸はまた先立って歩いていきました。

早くかち栗が食べたいので、兎の方へ振り向くこともなくせっせと向こうの山まで向かっていきます。
そのひまに、兎はふところに忍ばせていた火打ち石を出して、「かちかち。」と火をきりました。
不思議に思った狸が、
「うさぎどん、うさぎどん。かちかちいっているのは何の音だい」
「この山はかちかち山だからね。かちかち鳥が鳴いているのさ」
「ああ、そうかい」
と言って、またずんずん歩いていきました。
二匹が向こうの山まで歩いているうちに、兎のつけた火が狸の背中のたきぎにうつって、ぼうぼう燃え出しました。
またもや不思議な音だと思った狸は、
「うさぎどん、うさぎどん。ぼうぼういっているのは何の音だい」
「向こうの山はぼうぼう山だからね。ぼうぼう鳥が鳴いているのさ」
「ああ、そうかい」
と、すっかり兎の言葉に騙されてしまいました。
たちまちたきぎの火が燃え上がって、狸の背中を燃やしていきます。
「アチ! アチ!」
狸は叫びながら夢中で駆け出しましたが、山風に吹かれた背中の炎はずんずん大きくなっていきます。
あんまり苦しいので狸はひいひい泣いて、転げまわって、やっとのことで燃えるたきぎをふり落として、最後にはほら穴のすみかに逃げ帰っていきました。
それを見ていた兎は大きな声で、
「やあ、たいへんだ。火事だ、火事だ」
と言いながら山を下っていきました。

そのまた次の日、兎はお味噌に唐辛子をすりこんだ辛子味噌をこしらえて、狸のほら穴までお見舞いにもっていきました。
背中のやけどの痛みにうんうん唸っていました。

「たぬきどん、たぬきどん、昨日は酷い目にあったねえ。ほんとうにかちかち山はひどい山だよ」
狸はとぼけた兎をすっかり信じて、
「ほんとうさ。この大やけどはどうしたら治るだろうなあ」
「それならちょうど、いい薬をもってきたよ。どれ、背中に塗ってあげよう」
ありがたがった狸が火ぶくれになってただれた背中を差し出すと、兎はそこに辛子味噌をこてこてぬりつけました。
すると背中はまた火がついたみたいに熱くなって、
「イテテ! イテテ!」
と狸は涙をこぼして、ほら穴の中をのたうち回りました。

それを見ていた兎はにこにこ笑って、
「そう痛がりなさるな。ぴりぴりするのははじめのうちだけで、じきに治るからちょっとの間、我慢をおしよ」
と言って帰って行きました。

それから四、五日経ったころ、兎はふたたび狸のすみかをたずねていきました。

「たぬきどん、たぬきどん。やけどはどうだい」
「やあ、うさぎどん。お蔭でだいぶよくなったよ」
「それはいいなあ。じゃあまたどこかへ出かけよう」
「もう山はこりごりだなあ」
「それなら山はよして、海へ出かけようか。魚をとろう」
そうして兎と狸は連れだって海へ出かけて行きました。

海へやってきた二匹はさっそく魚釣りのための舟をこしらえました。兎が、
「わたしはからだが白いから、小さな白い木の舟に乗るよ」
と言うと、狸は、
「それならぼくはからだが黒いから、大きな土の船に乗ろう」
と言って、木の船より一回り大きな土の舟を作りました。

そうしてべつべつに沖へ出た兎と狸は、魚がたくさん捕れる場所まで競走することにしました。
一、二、三の掛け声で、いっせいに漕ぎだすと、兎は舟ばたをこんこん叩いて、
「どうだい、木の舟は軽くて速かろう」
と言いました。狸も負けじと、舟ばたをこんこん叩いて、
「なあに、土の舟だって重くて丈夫さ。それにこんなに大きいのだから、魚だってたくさん捕れるにきまってる」
と言いました。

けれども沖へ進むにつれて土の舟はぐずぐずに崩れて、狸のあしもとは泥になって沈んでいきます。
「たいへんだ! 舟が壊れてきた!」
あわてて狸が叫ぶも、兎の舟はぐんぐん離れて行ってしまいます。
兎は大慌ての狸をおもしろそうに眺めて、
「ざまあみろ、婆さんを殺して、爺さんに婆汁を食わせたむくいだよ」
katikatiyama1
と言いますと、助けておくれと懇願する狸を置いてついと沖のほうへと舟を進めて行きました。
そのうち土の舟はぜんぶ溶けてしまい、とうとう狸はおぼれて死んでしまいましたとさ。


お話の評価

ページトップ