» コンクワ-梟の神が自ら歌った謡-「アイヌ神謡」

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

コンクワ-梟の神が自ら歌った謡-「アイヌ神謡」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

コンクワ…
「昔の私は物を言う時は桜皮を巻いた弓の弓柄の央を鳴らす様に言ったものであったが、衰えてしまったものよ・・・
年老い、弱ったものだから天国へ行こうと思うのだけども、人間の国に飢饉があってな。猟に行っても鹿も無い、漁に出ても魚もない。」
腹を立てた私は鹿の神と魚の神に使者を立てる事とした。
「誰か雄弁で使者として自信がある者は、天国の五ツ半の談判を言いつけてやりたいものだ」
たがつきのシントコ(※1)の蓋の上を叩きながら私は言った。そうしたところ誰かが入口で答えました。
「私をおいて誰が使者として雄弁で自信があるものがあるでしょう。」

見ると鴉の若者であった。私は家に入れ、たがつきのシントコの蓋の上を叩きながら鴉の若者を使者に立てるためその談判を言い聞かせ3日たち3つ目の談判を話しながら鴉を見ると鴉は炉緑の後ろで居眠りをしている。
アイヌ神謡よりコンクワ
それを見ると癪に障ったのか羽ぐるみひっぱたいて殺してしまった。

再びシントコの蓋の上を叩きながら
「誰か雄弁で使者として自信がある者は、天国の五ツ半の談判を言いつけてやりたいものだ」
と言うと誰かが入口へ
「誰が私をおいて、雄弁で使者として相応しいものがありましょう」

見ると山のかけすであった。私は家に入れ、たがつきのシントコの蓋の上を叩きながら使者に立てるため5ツ半の談判を言い聞かせ、4日たって4つ目の用向きを話している内に山のかけすは炉緑の後ろで居眠りをしている。
腹を立てた私は山のかけすの羽ぐるみをひっぱたいて殺してしまった。

それからまたシントコの蓋の上を叩きながら
「誰か雄弁で使者として自信がある者は、天国の五ツ半の談判を言いつけてやりたいものだ」
と言うと誰かが慎み深い態度で入ってきたので見ると、河烏の若者が美しい様子で左の座に坐った。

私は五ツ半の用件を夜でも昼でも関係なしに言いつつ付けた。
見れば、河烏はつかれた様子もなく聞いて6日目に私が言い終えると直ぐに天国へと飛び立った。

それから幾日もたって空の方から微かな音が聞こえてきたと思うと前より美しさと勇ましさの気品をました河烏が戻り返し談判を始めた

「鹿の神と魚の神が今日まで鹿や魚を出さなかった理由は、人間が鹿を捕るときに木で頭を殴り、皮を削ぐ鹿の頭はそのまま山の木原に捨て置きます。魚を捕る時腐った木で魚の頭を叩いて殺します。なので、鹿は裸で涙を零して鹿の神の元へ戻り、魚は腐れ木を加えて魚の神の元へ帰るのです。怒った鹿の神と魚の神は相談して鹿も魚も出さないように決めたのです。」
河烏は続けます。

「鹿の神と魚の神は『こののち、鹿でも魚でもていねいに扱うというのなら、鹿も出そうぞ、魚も出そうぞ』と仰られました。」

人間たちを見ると本当に鹿や魚を粗末に扱っているではないか
私は人間たちに眠りの時、夢のなかで絶対にそのような事はしてはならぬと教えてやったら人間も悪かったという事に気が付き、それからは鹿を捕った鹿の頭も美しく祀り、幣のように美しい道具で魚を取りました。

鹿たちは新しく月代※2をして鹿の神の元へ帰る。
魚たちは喜んで語弊をくわえて魚の神の元へ帰る

それには鹿の神も魚の神も喜び、沢山鹿を出し、沢山魚を出した。
人間はもうひもじい思いをせずに暮らしておる。

私はそれを見て安心をした。
私はもう年老いて衰え弱ったので天国へ行こうと思ったのだけども、私が守護している人間の国に飢餓があって人間たちが餓死しようとしていたのに構わず行く事は出来なかった。

しかし、今は何の気がかりも無く、最も強い者若い勇者を私の後に置き人間の世を守護させ、私は天国へと旅立つのだ。

そうして、国の守護神なる翁神は天国へと向かいました。

※1シントコとは、漆塗りの桶の事です。※2月代とは、男性の髪型の一つ。


お話の評価

ページトップ