» マヨヒガ「遠野物語-六三段 作者:柳田國男」

マヨヒガ「遠野物語-六三段 作者:柳田國男」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

小国に住む三浦という人は村一番のお金持ちです。
しかし当代より二、三代前の主人の頃はまだ家も貧しく、その妻は少し鈍くおっとりとした性分でした。

この奥さんがある日、門の前を流れる川に沿ってフキを採りに行きましたが良い物が少なく、段々と谷奥へ登って行ってしまいました。
ふと見ると立派な黒い門構えの家があります。
不思議に思いつつ門の内へ入って見ると、大きな庭があり紅白の花が一面に咲き乱れ、鶏がたくさん遊んでおりました。その庭の裏へと回れば、牛小屋がありたくさんの牛が、そしてまた馬舎もあり、たくさんの馬もいました。
マヨヒガ

しかしどこを見ても人の姿は見当たりません。

玄関から上がってみますと、その次の部屋には朱色と黒色の膳椀がたくさん出されています。さらに奥の座敷には火鉢があり、据えられた鉄瓶のお湯が沸いておりました。
しかしやはり、どこにも人影はありません。

もしかして山男の家ではないかしらんと急に恐ろしくなった奥さんは、慌てて家へ帰りました。
その後、この出来事を人に話してみましたが、誰も信じてはくれませんでした。

またある日のこと。
家の前の川岸でこの奥さんが物を洗っていましたら、川上から赤いお椀がひとつ、流れてきました。
あまりに美しいお椀だったので思わず拾いあげましたが、これを食器に使っては家の人に汚いと怒られるかもしれないと思い、米櫃の中に入れて米や穀物を量る器にしました。
するとこの器を使い始めてから、いつまで経ってもお櫃の米や穀物が減らないのです。
家の人も怪しんで奥さんに尋ねてみたところ、拾ったお椀の話を聞きました。

この家はこの時より裕福になり、今の三浦家となりました。

遠野では山の中にある不思議な家を「マヨヒガ」といいます。

マヨヒガにたどり着いた人は、必ずその家の中の什器や家畜、ほかの何でも持って帰ればよいのです。それは、その人に授けようとして現れる不思議な家なのです。
この奥さんは無欲で何も持ち帰らなかったために、お椀が自ら流れてきたのでしょう。


「マヨヒガ」登場人物

<三浦家の妻>
三浦家が裕福になる二・三代前のころの主人の奥さん。

お話の評価

ページトップ