» 倭建命の誕生「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

倭建命の誕生「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

大帯日子淤斯呂和気天皇(おおたらしひこおしろわけすめらみこと)は、纏向の日代宮というところにいらっしゃって、天下を治めました。

この天皇が、吉備臣らの祖先、若建吉備津日子(わかたけきびつひこ)の娘、名は針間の伊那毘能大郎女(いなびのおおいらつめ)を娶って産んだ御子は、櫛角別王(くしつのわけのみこ)でした。
次が大碓命(おおうすのみこと)で、その次が小碓命(おうすのみこと)、またの名を倭男具那命(やまとおぐなのみこと)といいました。

次は倭根子命(やまとねこのみこと)。次に、神櫛王(かむくしのみこ)。また、八尺入日子命(やさかのいりびこのみこと)の娘、八坂之入比売命(やさかのいりびめのみこと)を娶って、産んだ御子は若帯日子命(わかたちしひこのみこと)。次に、五百木之入日子命(いおきのいりびこのみこと)。次に、押別命(おしわけのみこと)。次に、五百木之入日売命(いおきのいりびめのみこと)。また、ある妾の子は豊戸別王(とよとわけのみこ)。

次に、沼代郎女(ぬのしろのいちつめ)。また別の妾の子は、沼名木郎女(ぬなきのいちつめ)。次に、香余理比売命(かぐよりひめのみこと)。次に、若木之入日子王(わかきのいりびこのみこ)。次に、吉備之兄日子王(きびのえひこのみこ)。次に、高木比売命(たかぎひめのみこと)。次に、弟比売命(おとひめのみこと)。

また、日向の美波迦斯毘売(みはかしびめ)を娶って産んだ子は、豊国別王(とよくにわけのみこ)。また、伊那毘能大郎女(いなびのおおいちつめ)の妹、伊那毘能若郎女(いなびのわかいちつめ)を娶って産んだ御子は、真若王(まわかのみこ)。次に、日子人之大兄王(ひこひとのおおえのみこ)。また、倭建命の曾孫、名は須売伊呂大中日子王(すめいろおおなかつひこのみこ)の娘、訶具漏比売(かぐろひめ)を娶って産んだ御子は、大枝王(おおえのみこ)といいました。

およそこの大帯日子天皇の御子たちは、ここに記した二十一柱の王、ここには記さなかった五十九柱の王、合わせて八十柱の王の中で、若帯日子命と、倭建命と、また五百木之入日子命と、この三柱の王は太子の名を負いました。
その他の七十七の王は、全ての国々の国造と、また和気と稲置・県主とに領地を分けられました。そして、若帯日子命は天下を治めました。また、小碓命は東西の荒ぶる神と従わぬ人々を平定しました。
櫛角別王は守君・大田君・島田君の祖先となり、神櫛王は紀伊国の酒部阿比古・宇陀の酒部の祖先となりました。

豊国別王は、日向国造の祖先でございます。

さて、天皇は美濃国造の祖先、大根王(おおねのみこ)の娘、名は兄比売(えひめ)・弟比売(おとひめ)という二人の乙女の、その容姿が美麗であるということをお聞きになって、その御子、大碓命を遣わし召し上げました。
yamatake1_500x250
ところがその遣わされた大碓命は、天皇に召し上げることなくそのままその二人の乙女と結婚し、さらに別の女性を捜して天皇の求めていた乙女と名づけて献上してしまいました。
すると、天皇はそれが別の女性であることを知って、その二人を長い間お召しにならず、共寝することもなく、二人を困らせてしまいました。

一方、その大碓命が兄比売を娶って産んだ子は、押黒之兄日子命(おしくろのえひのみこ)といい、三野の宇泥須和気の祖先でありました。また、弟比売を娶って産んだ子は、押黒之弟日子命(おしくろのおとひのみこ)といい、牟宜都君(むげつのきみ)らの祖先でありました。

この御世に、天皇は朝廷の御料田をつくる田部を定め、また東国の安房の水門を定め、朝廷料理人の大伴部を定め、倭の田畑を耕作する屯家を定め、坂手池を作り、竹をその堤に植えたのです。

<<多遅摩毛理 || 倭建命の熊襲征伐>>


お話の評価

ページトップ