» 内裏の松原にして、鬼、人の形と成りて女を嘲ふ語-今昔物語集-

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

内裏の松原にして、鬼、人の形と成りて女を嘲ふ語-今昔物語集-

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

 その昔、小松天皇(光孝天皇)の時代のことだ。

 武徳殿の東の宴松原(えんのまつばら)を、若い女官三人が連れ立って、内裏のほうへ歩いていた。旧暦八月十七日の夜のことで、月は極めて明るかった。
 そのとき、松の木の下に一人の男が現れて、通り過ぎる女たちのうちの一人を引き留め、女の手をとって、木陰で何やら話し始めた。
 ほかの二人は『すぐに話し終えて戻るだろう』と待っていたが、いっこうに来る気配がない。話し声も聞こえなくなった。
 どうしたのかと怪しんで、松の木陰に近寄ってみると、男も女もいなかった。『いったいどこへ行ったのか』と不審がりながら辺りをよく見ると、女の手と足がばらばらに転がっていた。

内裏の松原

 二人は驚いて走り逃げ、衛門府の詰所に駆け込んで、事の次第を告げた。
 詰所の役人たちも驚いて、現場へ行ってみた。そこには死骸らしきものはなく、ただ手足だけが残されていた。
 やがて話を伝え聞いた人々が集まって、大騒ぎになった。人々は、
「鬼が人に化けて現れ、女を食ったのにちがいない」
と言い合った。

 こういうことがあるから、女は、人気のない場所で知らない男に声をかけられても、うっかり心を許してついて行ってはならない。よくよく気を付けるべきだと、この話を語り伝えたという。


「内裏の松原にして、鬼、人の形と成りて女を嘲ふ語-今昔物語集-」登場人物

〈男〉
宴の松原は古来鬼が棲むと恐れられていた。男の正体が本当に鬼なのか、それとも実際は人なのかは、今となっては誰にも分からない。
〈女官〉
宮中に仕える女官。そのうちの一人が男に誘われ、その後無残な姿で発見される。

お話の評価

ページトップ