» 出雲健「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

出雲健「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

倭健命は、出雲国に行って、そこの首長である出雲健を討ち殺そうとお思いになりました。
そして、いよいよ出雲国に入られると、まず、出雲健となかよくなられました。
倭健命は出雲健と沐浴をなさることになりました。そこで、倭健は赤檮の木でニセの大刀を作り、それを身に帯びて、肥川へ沐浴に向かいました。
倭健命は先に川からおあがりになると、出雲健の大刀を手にとり、「大刀をとりかえようではないか」と仰せられました。そこで出雲健も川から上がると、倭健命が佩いていた大刀…つまり、ニセ物の大刀を身に着けました。
すると倭健命は「さぁ、勝負をしてみよう。」とニセの大刀を持った出雲健に挑戦を仕掛けました。
いよいよ各々が大刀を抜くという、その時です。出雲健は持っている大刀はニセ物でしたので、刀を抜くことができません。そうして出雲健は、刀を抜いた倭健命に討ち殺されてしまいました。
yamatake3

出雲健を討ち殺したあと、倭健命はこうお歌いになりました。

やつめさす 出雲健が 佩ける刀(たち) 黒葛さは巻き さ身無しにあはれ
(出雲健が佩いている刀は、鞘に葛をたくさん巻いていて見た目は立派だけれど、刀身がないなんて、ああばかなやつだ)

倭健命は、このように賊を討ち払い、都に戻られました。

<<倭健命の熊襲征伐 || 倭建命の東国征討>>


「出雲建」登場人物

<倭健命(やまとたけるのみこと)>
言景行天皇の御子。
父である景行天皇に西国の賊を平定するよう命ぜられる。

<出雲健(いずもたける)>
出雲国(現在の島根県)の首長。

お話の評価

ページトップ