» 十二支物語

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

十二支物語

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

むかし、むかし。ある年の暮れのことです。
神様は動物たちを呼んでおふれを出しました。
「元日の朝、わたしのところに挨拶にくるように。一番はやく来たものから十二番目までを、一年ずつ、順番にその年の大将にしてあげましょう。」
おふれをきいた動物たちはたちまち大騒ぎ。
自分こそがきっと一番乗りでたどり着こう。
動物たちはみんな、張り切って正月を待っていました。

ところが、神様に呼ばれなかったネコは、いつ挨拶に行けばいいのか知りません。
そこで、ネズミにきいてみることにしました。
「ネズミさんや。神様のところに行くのはいつなんだい?」
するとネズミは、
「ネコさん、そんなことも知らないのかい。正月の二日だよ」
一日遅れて教えたのでした。
十二支物語
そして元日。
牛は大晦日の晩からしたくをしていました。
それをとなりで見ていたネズミが尋ねます。
「牛さん、牛さん、こんな遅くになにをしているんだい?」
「わしは足がのろいからね。夜のうちから出発するのさ」
これはしめたとネズミは思います。
ネズミはこっそり牛の背中に飛び乗って、気づかず牛は出発します。
揺れる背中の上でネズミはうつらうつら。ネズミが眠る間にも四本の足は夜の道をぐんぐん進んでいきました。

ちょうど朝がくるころ、牛は神様の御殿までやってきました。
「ああ、やっとついた」
牛がよろこんで御殿に入ろうとしとところ……、ネズミがひょいと飛び降ります。
「一番のりだ!」
こうして一番の大将はねずみ。
牛は二番目になったのでした。

ネズミと牛が御殿に着いてから、動物たちは続々とやってきました。
三番目は足の速さが自慢の虎。
四番目にぴょんと跳んできたのは兎。
五番目は空を駆けてきた辰。
六番目には草むらをくぐり抜けてきた蛇。
七番目は他の動物を追い抜いてきた馬。
八番目は馬を追いかけてきた羊。
九番目には怒りん坊の猿。
十番目は猿と犬の喧嘩を仲裁しにきた鶏。
十一番目はもちろん犬。
最後に急いでやってきたイノシシが駆けこんで、十二の動物が揃ったのでした。

神様は約束どおり、ネズミからイノシシまでの十二の動物を順番にその年の大将にすることに決めました。
これが十二支のはじまりのおはなしです。

さて、これは元日の次の日のこと。
ネコは朝早く御殿にやってきて、神様に会いに来ました。
しかし、ネズミの嘘を信じて遅れてやってきたネコは大将にはなれませんでした。
それ以来、ネコはネズミを見ると追いかけるようになったのでした。


お話の評価

ページトップ