» 吾身栄花「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

吾身栄花「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

 清盛入道ご自身が栄華を極めるだけではなく、平家一門共々繁栄し、嫡男重盛は内大臣の左大将、次男宗盛は中納言の右大将、三男知盛は三位の中将、嫡孫の維盛は四位の少将の地位に就かれました。全部で一門の公卿は十六人、殿上人は三十余人、諸国の受領や衛府の役人、諸官など総勢六十余人にも及ぶこととなりました。
世の中に平家以外の者はいないという様子でありました。

 その昔、奈良の聖武天皇の御時である神亀五年に朝廷の役職に中衛の大将を初めて設置され、大同四年に中衛を近衛と名を改められましたが、その時よりこれまで兄弟で左右の大将に共に並ぶことはわずか三・四度でございました。

 文徳天皇の御時は藤原良房が右大臣の左大将に、良相(よしおう)が大納言で右大将となり二人は左大臣藤原冬嗣(ふゆつぐ)の御子でありました。
朱雀天皇の御時には左大将に小野宮殿(おののみやどの)である藤原実頼(さねより)が、右大将に九条殿(くじょうどの)である藤原師輔(もろすけ)がついており、二人は藤原貞仁(ていじん)公の御子であります。

 後冷泉天皇の御時は左大将に大二条殿の藤原教通(よりみち)、右大将に堀川殿の藤原頼宗(よりむね)がつかれましたがこの二人は御堂関白であった藤原道長の御子でありました。二条院の御時は左大将に藤原基房、右大将には藤原兼実(かねざね)がついておられましたが二人は法性寺殿忠通殿の御子でありました。

このように皆摂政関白家のご子息でありましたが、その他の貴族凡人にはその例はありませんでした。殿上の上での交わりを嫌われた人の子孫さえ禁色雑袍(きんじきざっぽう)を許されて、綾などの華美な衣服ををその身にまとい、兄弟で大臣と大将を兼ねて左右に相並ぶことは末代とは言いながらもたいそう珍しいことであります。
 
 清盛入道には息子の他に娘が八人いらっしゃり、娘たちもまたそれぞれに栄えておりました。一人は桜町の中納言藤原成範(しげのり)の北の方になるはずであったが八歳の時に約束をなされただけで、成範卿が平治の乱にて下野国に流罪になり引き離されてしまい、藤原忠雅の子で左大臣の兼雅の北の方になられ、子どもが多くいらっしゃいました。そもそもこの成範卿を桜町の中納言と称されるようになったのは、成範卿が特に風流な心を持つお方で、いつも吉野山に想いを馳せ、ご自分の土地に桜の木を植えられてその土地に屋敷を建てて住まわれました。

毎年春が訪れるたびに桜を見た人々が、卿のその土地を桜町と呼ぶようになったのです。桜は花が開いてから七日で散ってしまうのを卿は惜しまれ、天照大御神に散らないように祈ったところ、咲いてから二十一日まで散らずに咲いていたということです。卿は賢王でいらっしゃったので神もご神徳を発揮され、また桜にも心があったようで卿の祈りに答えたのでした。
wagamieiga
 入道の娘の一人は高倉天皇の后となりました。皇子となる御子をご出産され、皇子が皇太子になり後に天皇として即位された時に院号※1をお受けになられて建礼門院と申されるようになりました。入道相国の娘でもありながら、天皇の母でもいらっしゃいましたのでその繁栄は言うに及びません。

その他の娘の一人は摂政藤原基実の北の政所となられました。高倉天皇が天皇の位におられた時に天皇の養母として準三后の宣旨を授けられ、白河殿として重んじられた人となりました。

また一人は普賢寺殿であった藤原基通の北の政所に、一人は冷泉大納言であった藤原隆房卿の北の方に、一人は七条修理大夫(しゅりのだいぶ※2)の藤原信隆卿の元へ嫁がれました。また安芸の国にある厳島神社に奉仕する巫女の娘から生まれた娘が一人おられ、この方は後白河法皇の下へ参られて、女御のようでいらっしゃいました。この他にも九条院呈子に仕えていた身分の低い女官で常盤という女性との間に娘が一人おりまして、この娘は花山殿藤原兼雅の上位の女房になり、廊の御方と申されました。

 日本六十六か国ある中で平家が治める国は三十数か国となり、日本全国の半分以上を治めるようになっておりました。その他に平家が持っている荘園や田畑の数はどれくらいかと申しますと、もはや数え切れないほどでございました。

絢爛豪華な衣服を纏う人が満ち、御殿の上はまるで花が咲いているよう美しさでありました。屋敷の門前には貴族の車や馬がたくさん集まり市場が開かれているような賑わいを見せておりました。揚州の金、荊州(けいしゅう)の珠、呉郡の綾、蜀江の錦など七宝の全ての宝が集まり何一つ欠けているものはありませんでした。歌舞を行う御殿の基礎や唐の国で行われていた魚龍爵馬※3の演芸などありとあらゆるものが集められていて、恐らくは内裏も院の御所もこれ以上のものはあるまいと思われておりました。

※1:三后(太皇太后,皇太后,皇后)やそれに準ずる内親王などの女性に宣下された称号のこと。
※2:修理職(内裏の修理・造営を司る)の長官。
※3:爵はすずめを指す。中国で行われた曲芸で魚龍は魚から龍になる変幻の術、爵馬はすずめのように飛ぶ曲馬のこと。

<<平家物語「禿髪」 || 平家物語「妓王」>>(前篇)


お話の評価

ページトップ