» 品陀和気命(后妃と御子)「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

品陀和気命(后妃と御子)「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

品陀和気命(ホムダワケノミコト)は軽島の明宮にいらっしゃって、天下をお治めになった。

 この天皇は、品陀真若王(ホムダノマワカノミコ)の娘である三柱の女王と結婚された。その三柱の内、一柱の名前は高木之入日売命(タカキノイリヒメノミコト)、次に中日売命(ナカツヒメノミコト)、次に弟日売命(オトヒメノミコト)である。

 そして、高木之入日売命との御子は、額田大中日子命(ヌカタノオホナカツヒコノミコト)、次に大山守命(オホヤマモリノミコト)、次に伊奢之真若命(イザノマワカノミコト)、次に妹大原郎女(イモオホハラノイラツメ)、次に高目郎女(コムクノイラツメ)である。

 中日売命との御子は、木之荒田郎女(キノアラタノイラツメ)、次に大雀命(オホサザキノミコト)、次に根鳥命(ネトリノミコト)である。

 弟日売命との御子は、安倍郎女(アベノイラツメ)、次に阿具知能三腹郎女(アグチノミハラノイラツメ)、次に木之菟野郎女(キノウノノイラツメ)次に三野郎女(ミノノイラツメ)である。

 また、丸邇之比布礼能意富美(ワニノヒフレノオホミ)の娘である、宮主矢河枝比売(ミヤヌシヤカハエヒメ)という名前の方と結婚されてお生まれになった御子は、宇遅能和紀郎子(ウヂノワキイラツコ)、次に妹の八田若郎女(ヤタノワキイラツメ)、次に女鳥王(メドリノミコ)である。

 また、その矢河枝比売の妹の、袁那弁郎女(ヲナベノイラツメ)と結婚されてお生まれになった御子は、宇遅之若郎女(ウヂノワキイラツメ)である。

 また、咋俣長日子王(クヒマタナガヒコノミコ)の娘である、息長真若中比売(オキナガマワカナカツヒメ)と結婚されてお生まれになった御子は、若沼毛二俣王(ワカヌケフタマタノミコ)である。

 また、桜井の田部連(タベノムラジ)の祖先である島垂根(シマタリネ)の娘、糸井比売(イトイヒメ)と結婚されてお生まれになった御子は、速総別命(ハヤブサワケノミコト)である。

 また、日向之泉長比売(ヒムカノイヅミノナガヒメ)と結婚されてお生まれになった御子は、大羽江王(オオハエノミコ)、次に小羽江王(ヲハエノミコ)、次に幡日之若郎女(ハタヒノワキイラツメ)である。

 また、迦具漏比売(カグロヒメ)と結婚されてお生まれになった御子は、川原田郎女(カハラダノイラツメ)、次に玉郎女(タマノイラツメ)、次に忍坂大中比売(オサカノオホナカツヒメ)、次に登富志郎女(トホシノイラツメ)、次に迦多遅王(カタヂノミコ)である。

 また、葛城之野伊呂売(カヅラキノノイロメ)と結婚されてお生まれになった御子は、伊奢能麻和迦王(イザノマワカノミコ)である。

ouzin

 この天皇の御子達は、合わせて二十六柱である。この御子の中の大雀命は天下をお治めになった。

<<酒楽の歌 || 応神天皇と三人の御子>>


「品陀和気命(后妃と御子)」登場人物

<品陀和気命>
 応神天皇。第十五代天皇
<大雀命>
後の仁徳天皇。第十六代天皇

お話の評価

ページトップ