» 国引き神話「出雲国風土記」

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

国引き神話「出雲国風土記」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

むかしむかし、はるか昔。
八束水臣津野命(ヤツカミズオミズノ)は大きい身体を丸めて首を傾げていました。

「八雲立つ出雲の国は、狭布(さぬの)のように幼い国じゃなぁ。これは初めの国を小さく作ったな。よし。ここはひとつ、国を作って縫い付けてやろう」
と仰ると、海の向こうを望み見た。

「たくぶすま 新羅の三崎を、国の余り有りやと見れば、国の余り有り」

乙女の胸のような鋤を手に取ると大魚のえらを突くように大地に突き刺し、
血肉を屠り分けるように掻き割くと大地は抉れ、屹立する大地に三本縒りの大綱を打ち掛け。
霜つづらを繰るように来るように、河船を曳き上げるようにそろりそろりと
「国来々々(クニコ/クニコ)」と引いてきて、縫い付けた国は去豆の断崖より杵築の御崎。
国を繋ぎ留める杭は石見国と出雲国の境にある佐比売山。手に持ちて引きし綱は薗の長浜。
八束水臣津命

「北門の佐伎の国を、国の余り有りやと見れば、国の余り有り」

乙女の胸のような鋤を手に取ると大魚のえらを突くように大地に突き刺し、
血肉を屠り分けるように掻き割くと大地は抉れ、屹立する大地に三本縒りの大綱を打ち掛け。
霜つづらを繰るように来るように、河船を曳き上げるようにそろりそろりと
「国来々々(クニコ/クニコ)」と引いてきて、縫い付けた国は多久の断崖より狭多の国。

「北門の良波の国を、国の余り有りやと見れば、国の余り有り」

乙女の胸のような鋤を手に取ると大魚のえらを突くように大地に突き刺し、
血肉を屠り分けるように掻き割くと大地は抉れ、屹立する大地に三本縒りの大綱を打ち掛け。
霜つづらを繰るように来るように、河船を曳き上げるようにそろりそろりと
「国来々々(クニコ/クニコ)」と引いてきて、縫い付けた国は宇波の断崖より闇見の国。

「高志の都都の三崎を、国の余り有りやと見れば、国の余り有り」

乙女の胸のような鋤を手に取ると大魚のえらを突くように大地に突き刺し、
血肉を屠り分けるように掻き割くと大地は抉れ、屹立する大地に三本縒りの大綱を打ち掛け。
霜つづらを繰るように来るように、河船を曳き上げるようにそろりそろりと
「国来々々(クニコ/クニコ)」と引いてきて、縫い付けた国は美穂の崎。
国を繋ぎ留める杭は伯耆国の火神岳、手に持ちて引きし綱は夜見の島。

「さぁ、国は引き終えた」
八束水臣津命は意宇(おう)の杜に御杖を突きたて
「意恵(おえ)」
と仰った。

――これが、この地が意宇と呼ばれる由縁にございます。
いわゆる意宇の杜は郡役所の東北、田の中にある周囲八歩(約14.2m)ほどの小山。
その上に、一本の木が堂々と生い茂っているのです。


お話の評価

ページトップ