» 国譲り‐大国主の国譲り‐「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

国譲り‐大国主の国譲り‐「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

そこで、建御雷神は大国主神に尋ねました。
「いま、おまえの子の事代主神はあのように申したぞ。ほかに意見をいうような子はいないのか」
「もう一人、私の子に建御名方神(タケミナカタ)がおります。この子をおいてほかにはいません」
大国主命は答えました。

すると、その建御名方神が、千人かかってようやく持ち上がるくらいの大岩を掌の先に軽々と持ち上げてやってきました。
建御名方神
「だれだ、俺の国に来てこそこそとそんな話をするのは!ならばいっそのこと力比べして決着をつけようじゃないか。俺が先にその手を掴んでやる!」

建御雷神は黙って建御名方神に手を握らせたかと思うと、たちまちそれを氷柱に変え、さらには剣の切っ先にまで変えてしまいました。
建御名方神はあまりのことに驚いて手を放しましたが、今度は建御雷神が建御名方神の手を掴みなおしました。まるで生えたばかりの葦をむしり取るかのように軽々と握りつぶし、身体ごと投げ飛ばしてしまいます。
建御名方神は、あまりにありすぎる力の差に恐れをなして、ついにその場から逃げ去ってしまいました。建御雷神は建御名方神を豊葦原国の果てまで追いかけ、とうとう信濃国の諏訪の湖のほとりまで追い詰めました。

「わかった、許してくれ。どうか俺を殺さないでくれ。おれは、この地を除いてほかの国には行かない。わが父の大国主命の言葉にも、事代主神の意向にも背くことはしない。この豊葦原国は、天つ神のお言葉に従って、すべて差し上げましょう」
そうして、建御名方神もまた降参したのでした。建御名方神は、諏訪の神としてこの地にずっと留まり続けることとなったのです。

建御雷神は再び出雲に帰ってきました。
「おまえの子供たち、事代主神と建御名方神の二神は、天つ神の御子の言葉に従いますと申したぞ。改めて訊こう、お前の意志は?」

建御雷神がこう迫ると、大国主命は答えました。
「私の子ども、二神の申しあげた通りに、私も従います。この豊葦原国は、天つ神の仰せのままに全て差し上げましょう。ただ一つお願いがあるのです。私の住処を、天つ神の御子が神聖な皇位におつきになる光り輝く壮大な御殿のように、地底の岩盤に柱を太く立て、高天原にも届くほどに立派につくってください。それならば、私は遠いところへ隠れていましょう。また、百八十にものぼるわが子どもたちも、事代主神が先立ってお仕えするならば、背く神もおりますまい」

そこで大国主命が申したように、高天原は出雲国多芸志(たぎし)の小浜に立派な宮殿をつくられました。それから水戸の神の子孫の櫛八玉神(クシヤタマ)が料理人となり、お食事を差し上げることとなりました。
櫛八玉神は鵜に姿を変えては海の底に潜り、底の粘土をくわえてあがってきては多くの皿を作り、海に生える海草の茎を刈り取っては火きりの臼と杵を作り、神聖な火を鑚りだします。

櫛八玉神は、祝福の詞を唱えました。

 この私が鑚り出した浄火は、高天原では神産巣日の御親命の、光り輝く神殿のすすが八拳もの長さにまで垂るるほどに焼き上げ、地の下では、底の岩盤に至るほどに盛んに焼き固まらせます。
 楮で作った縄の、千尋もある長い縄を延ばして釣りをする海人が、口の大きく尾ひれの張った鱸を、その縄でさわさわと引き寄せ釣り上げました。
 この魚をこの浄火で焼いて、割り竹で作った簀の台もたわむばかりに、どっさりと神聖な魚を差し上げましょう。

こうして建御雷神は高天原に帰り上って、豊葦原国を平定したことをご報告申し上げたのでした。

<<国譲り‐建御雷命の襲来‐ || 天孫降臨>>


お話の評価

ページトップ