» 国生み-天の浮橋-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

国生み-天の浮橋-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

はるか昔のお話です。何もないおぼろげな宇宙に天と地の兆しが起こりました。天の彼方にある清らかな場所、高天原に天之御中主神、高御産巣日神、国之常立神、豊雲野神など多くの神がお生まれになり身を隠されました。

その最後に伊邪那岐(イザナギ)という男の神様と伊邪那美(イザナミ)という女の神様が成されます。この2柱(柱とは、神様を数えるときの単位です。)の神様は先にお生まれになった神々に「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を頂きます。
kuniumi
2柱の神様は、天と地の境目にある天浮橋まで行くと玉で作られた神聖な鉾、鉾天沼矛を地上に向かって付き降ろしてドロドロとした地の世界をかき混ぜ始めました。
ゆったり、ゆったりとかき混ぜていますと渦潮が起こり「コヲロ、コヲロ…」とのどかに鳴り響きます。

やがて2柱の神様が鉾を引き上げると鉾の先から塩水が矛先から滴り落ちます。その雫の塩や泥が積もりオノゴロという島になります。
2柱の神は、その島に天降りました。島に降りられてすぐに天の御柱という太い柱と八尋殿という立派な神殿を造りました。

神殿に入ると伊邪那岐が伊邪那美に問いかけます「そなたの体はどのような形をしてるのですか?」伊邪那美は「私の体は、すっかり出来上がっております。けれでも、一箇所だけできていない所があります」と答えます。

すると伊邪那岐は「我が身もすっかり出来ている。しかしながら私の体は、出来過ぎた部分がある。」伊邪那岐は続けて言います「私の出来過ぎた部分をそなたの合わせ足りない所を塞いで国を作ろうと思うがどうであろうか?」伊邪那美は伊邪那岐のおおらかな顔を見つめて初々しく「それはよろしいことです」と答えます。

その後、神達は天の御柱の前に行き伊邪那岐は「我とそなた、互いに別れてこの柱を回り出会ってから夫婦の契りを交わそう。そなたは右から、我は左から回って会うことにしよう。」と指示を出されます。それぞれ右と左に回り天の御柱の向こうで出会われた時に伊邪那美は思うわず「ああ、なんとも男らしい方でしょう」と呼びかけました。

伊邪那岐は「ああ、なんと愛くるしい女性であろうか」と答えます。しかし、伊邪那岐は女神の方から先に呼びけれるのは不吉ではないか?と感じながらも身を寄せ合い夫婦神となられました。

まず、初めにお産まれになった神は「ヒルコ」です。ヒルコは蛭ような不具の神だったので、生まれてすぐに葦の船に入れて流されました。次に産まれたのは、淡島というお体の弱い神さまでした。

続けて、まともではない神をお産みなった伊邪那岐と伊邪那美は、困り果てて高天原に戻り高天原の神々にご相談されます。高天原はフトマニという占いを行い「女神が先に呼びかけたのは、良くない。オノゴロ島に戻り改めてやり直しをするように」と告げます。

伊邪那岐と伊邪那美は、再び天降り天の御柱を回られました。そして、伊邪那岐は「ああ、なんと愛くるしい女性であろうか」と呼びかけて伊邪那美が「ああ、なんとも男らしい方でしょう」とお答えになりました。改めて夫婦となられて、まず淡路島を産み次に四国、沖ノ島、壱岐島、対馬、佐渡島を産みました。そしてついに大日本豊秋津島(本州)が産まれるのです。


       || 国生み-黄泉の国->>

「天の浮橋」登場人物

<伊邪那岐命>
神世七代の最後に生まれた男神。日本の国々や天地の神々を伊邪那美と共にお産みになった。
<伊耶那美命>
神世七代の最後に生まれた女神。日本の国々や天地の神々を伊邪那岐と共にお産みになった。

お話の評価

ページトップ