» 天孫降臨「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

天孫降臨「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

大国主命(オホクニヌシ)より譲り受けた豊葦原国を、天照大御神(アマテラス)はかねてからのお考えの通り、ご長男の天之忍穂耳命(アメノオシホミミ)に治めさせようとなさいましたが、当の天之忍穂耳命は自分よりも若く生命力に溢れた息子の番能邇邇芸命(ホノニニギ)を推薦なさいました。天照大御神はご自身にとって孫である邇邇芸命を下界に降ろすことにお決めになりました。
さて、その邇邇芸命が天下りなさろうとした時のことです。

天下りの道が八方に分かれる岐路に、上は天界の高天原を、下は豊葦原国を、燦々と照らす見知らぬ神がいらっしゃいました。
そこで天照大御神と高木神(高御産巣日神)は、以前天岩戸で舞をなさった女神の天宇受賣命(アマノウズメ)にこう命じられました。
「貴女はか弱い女性の身ですが、対峙する神と真っ向から向き合い、勝つことが出来る神です。貴女一人でその神の元へ行き、『天照大御神の御子孫が天下りする道を塞ぐ貴方は何者か』と問うて来てください」
命を受けた天宇受賣命が、その道の岐路に向かい、尋ねます。
「こちらの道は天照大御神の御子孫の邇邇芸命が天下りなさいます。その道の岐路にお立ちになられた貴方様はどこの神であらせられますか?」
すると、
「私は国の神で、猿田毗古神(サルタビコノカミ)と申します。こちらに居りますのは、天照大御神の御子孫が天下りなさると聞きましたので、道案内を務めさせて頂きたく、参りました」
かの神はこうお答えになりました。

この後、天児屋命(アメノコヤネ)、布刀玉命(フトダマ)、天宇受賣命、伊斯許理度売命(イシコリドメ)、玉祖命(タマノオヤ)、合わせて五つの技術の神を伴って、邇邇芸命の天孫降臨は行われました。
古事記より天孫降臨
その際に、あの天岩戸から天照大御神を招き出した八尺勾玉と八咫鏡、八俣の大蛇より現れた天叢雲剣の三種の神宝、さらに天岩戸の折に活躍された思兼神(オモカネカミ)、手力男神(タヂカラヲ)、天石門別神(アメノイワトワケ)の三神を副え、天照大御神は、
「この鏡は、私の霊魂そのものとし、私に仕えるが如く、心身共に清らかにして祀りなさい。そして、思兼神は政(まつりごと)の実務に務めなさい」
と命じられました。

こうして天照大御神と高木神の命により、天孫であらせられる邇邇芸命は、高天原の岩の神座から離れ、天空に重なる幾重もの雲を押し分けて、威風堂々と天下りの道をお進みになりました。高天原と豊葦原国を結ぶ天の浮橋で荘厳な儀式を行われ、筑紫の日向(宮崎県)の高千穂の霊峰にお降りになられたのでした。

その時、天忍日命(アメノオシヒ)、天津久米命(アマツクメ)の二神は、たくさんの矢を盛った聖なる大きな靫(ゆき。矢を携帯する用の筒状の容器)を背負い、柄頭が槌状の頭椎の太刀を腰に帯びて、櫨(はぜ)の木で出来た聖なる弓を手に、狩り矢を手挟んで、邇邇芸命の先導をなさいました。

地上に降り立たれた邇邇芸命は、
「ここは唐国(朝鮮)に面し、笠沙の岬(鹿児島県)に真っ直ぐ通じていて、朝日が直に注がれ、夕日も照り輝く国だ。実によき地だ」
とお褒めになり、地の深い底に大きな宮柱を打ち立て、天高く千木をそびえさせ、豪壮な御殿をお造りになられました。

この天孫の邇邇芸命と知恵の神である思兼神は、伊勢神宮の内宮を祀っています。外宮には食物神の登由宇気神(トヨウケ)を祀り、櫛石窓神(クシイワマド)又は豊石窓神(トヨイワマド)とも別名を持つ天石門別神は御門の守護神となっています。力の神であります手力男神は佐那県(さなのあがた。三重県佐那郡)に鎮座されています。

因みに、邇邇芸命と共に天下りされた、天児屋命は朝廷の祭祀を担う中臣の連(むらじ)らの、布刀玉命は神事の道具を作る忌部の首(おびと)らの、天宇受賣命は神楽を奉仕する猿女の君らの、伊斯許理度売命は鏡を作る作鏡(かがみつくり)の連らの、玉祖命は玉類を作る玉の祖(おや)の連らの祖先でありました。
又、邇邇芸命の警備をなされた天忍日命は朝廷の軍事を司る大伴の連らの祖先、天津久米命は親衛隊を組織する久米の直(あたえ)らの祖先にあたります。

邇邇芸命は天宇受賣命にこう仰られました。
「貴女は、案内してくれた猿田毗古神の名前を明らかにしてくれました。貴女が猿田毗古神を送って行ってあげてください。そして、その名を貴女が譲り受けるといいでしょう」
このように神楽を奉仕する女性が『猿女の君』と呼ばれるのは、猿田毗古神の名から由来しているのでした。

<<国譲り‐大国主の国譲り- || 猿女君>>


お話の評価

ページトップ