» 天岩戸「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

天岩戸「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3/5 (1)

神々は永遠に続く闇を恐れた。にわかに続く夜は様々な邪神や災いを呼び起こす。神々は、安の河原に神集い思兼神(オモカネカミ)の妙案を待つ。
思兼神は、まず長鳴鳥という鶏たちを常世から呼びよせ朝日が登ったように大きな声で鳴かせた。次に天津麻羅(アマツマラ)という鍛冶師に安河の川上にある硬い鉱石を削らせ鉄を採取した。その鉄を伊斯許理度売命(イシコリドメ)が綺麗に磨き上げて八咫鏡を作り上げた。次に玉祖命(タマノオヤ)は500の美しい珠を連ねた八尺勾玉を作った。

天児屋(アメノコヤネ)と布刀玉(フトダマ)は霊山のフトマニ(鹿の骨を焼かきそのひび割れによって吉凶を占う)により先々の事を占わせた。暗黒の世界で神々はそれぞれの神業をあらわされた。
天の香山の青々とした榊を抜き取り、その枝の上段に八尺勾玉、中断に八咫の鏡をかけて、下の方の枝に楮の布と麻の布の祭具を垂らしました。神々の準備が終わると八百万の神々は天岩戸の前に集まった。岩戸の戸口には力持ちの神、手力男が潜んでいます。

そうしていると天児屋が祝詞を唱え始めました。続いて天宇受賣命(アマノウズメ)という美しい女神が日影かずらをタスキにして、蔓を髪飾りにして笹の葉を束ね採り物(神楽の道具)という何とも奇抜なお姿で現れました。
天宇受賣命は、岩戸の前に桶をふせて踏み鳴らし、神が乗り移った状態で舞い踊ります。
ウズメ神楽

その舞は徐々に激しさをまして行きます。あまりに激しい舞で着衣は乱れ乳房は露になり、下衣の紐は陰部までたれ落ちています。すると天岩戸に集まった神々は高天原が揺れ動くほどに大笑いをし始めました。
岩戸の中から天照大御神は外の様子がおかしいと御感じになりわずかに岩戸を開けられて「私がここに篭っては、地上の世界は闇に閉ざされているはず。なのに、天宇受賣命は舞い踊り、神々は楽しげに笑っているのか」と尋ねられます。

そこで、天宇受賣命は答えます「大御神様より尊い日の神がここに居らっしゃいます。それでみなが喜び、楽しく舞っております」天宇受賣命が答えている間に天児屋と布刀玉が八咫鏡を間合い良くにお見せします。
天岩戸
鏡に映る神々しい光を放つ神をご覧になるとその姿が自分の姿とは気が付かずにさらに岩戸を開き身を乗り出されました。

すかさず、隠れていた手力男が岩戸を1000人力の力で投げ捨て、大御神の手を引き岩戸から引きずり出しました。この時岩戸は凄まじい力で信濃国戸隠山まで投げ飛ばされてしまいました。
大御神が、岩戸から出るとすぐさま布刀玉は戸口にしめ縄をはり「もう二度と入れませぬぞ」と堂々とした口調で申し上げられました。こうして、天照大御神が岩戸から出れると高天原も地上の国も元の明るく美しさを取り戻しました。

そして、八百万の神々は狼藉を働いた須佐之男(すさのお)に大して多くの財宝を没収し、髭と爪を切り落として高天原を追放してしまいました。
追放されて須佐之男は、食事を求めて伊邪那岐(イザナギ)の子である大気津姫(オオゲツヒメ)の元を目指すのでした。

<<須佐之男と天照大御神の誓約 || 須佐之男命と大宜都比売>>


お話の評価

ページトップ