» 安倍晴明を試みる僧の事「宇治拾遺物語」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

安倍晴明を試みる僧の事「宇治拾遺物語」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

安倍晴明がいる土御門家に10歳くらい成る子供を2人連れた老いた僧がやって来ました。

安倍晴明が「どのような御方ですか?」と問うと老人はこう答えた。

「播磨国の者でございます。陰陽師を習いたいという志して参りました。あなたがこの道優れていると伺ったので少々学びたいと思い参りました。」
清明はこの僧は賢明な人らしい。私を試そうと思ってきたのだろう。そういうものに悪いところは見せられない。この僧を少しからかってやろうと思いました
連れている子供は式神を従えてきたに違いない。『召し隠せ』っと念じて袖のうちで形を作り、密かに呪文を唱えた。

「早くおかえりなさい。後日、あなたが習いたいと思っている事を教えて差し上げましょう」
そう安倍晴明が言うと手を擦り合わせ額にあてながら礼を言い僧はその場を立ち去った。
もう帰っただろうと思った居たところ、僧は立ち止まりそれらしい所や車宿などを覗き歩いて再び安倍晴明の元へとやってきた。
「私が連れていた子供が2人ともいなくなりました。その子らを頂いてから帰ります」と僧がいうと

「あなたは妙な事をおっしゃる方ですね。私がいったいなんの為に他人のお供をとったりするのです?」っと清明がいうと

「いえいえお師匠様、理由があってのことながら、この度はどうかお許し下さい」と僧は詫びた
「よいでしょう。あなたが人を試そうとして式神を使ったのをけしからん思ったからで、そのような事は他人に試されよ。この清明にはききませぬぞ」
そう言い、ものを読むようにすれば少しして外から子供が二人走って僧の下へ舞い戻った。
「式神を出すことは容易いことです。しかし、人の使った式神を隠す事はとてもできない事です。是非、今から弟子にして下さい。」

僧はそういうと懐から入門のインと名札を取り出して安倍晴明に渡しました。

安倍晴明があるとき、広沢僧正の住まいに伺って懇談していました。

若い僧たちは安倍晴明に向かって尋ねた

「式神を使われるということですが、簡単に人を殺すことが出来るのですか?」
「簡単には殺せませんよ。虫などは簡単に殺すことが出来ましょう。しかし、蘇らせる方法を知らないのです。殺生をすることになりますから、そんな事は益がありませんよ」

そう安倍晴明がいうと、庭から蛙が5、6匹池にはねて行くのを見て若い僧たちが言いました。
「あれを一つ、殺して見て下さい。試してみましょうよ」
「なんと罪な事を言う僧なのだろうか・・・しかし、試されているなら殺ってみましょう」

というと、草を一枚ちぎってものを唱えるようにして、蛙の方に投げました。
その草は蛙の上に触れた瞬間に蛙は圧死してしまいました。
seimei

それを見た若い僧たちは顔色を変えて安倍晴明の恐ろしさを感じました。
家の中に人がいないときには、この式神を使ったのだろうか `人もないときに、蔀を上げ下ろしし、門を閉めたりなどした


お話の評価

ページトップ