» 国譲り‐建御雷命の襲来‐「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

国譲り‐建御雷命の襲来‐「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

さて、豊葦原国への使者の派遣はまたもや失敗に終わってしまいました。

天照大御神はまた仰せられました。
「こんどはどの神を遣わしたらよいでしょうか」

思金神とおおぜいの神たちは申し上げました。
「天の安河の上流の天の石屋におられる、伊都之尾張神(イツノオハバリ)を遣わすのがよろしいでしょう。もしこの神でないとすれば、その子の建御雷之男神(タケミカヅチ)を遣わしてはいかがでしょうか。ただし、その伊都之尾張神は天の安河を水をせき止めて道をふさいでおりますので、ほかの神はとても行けません。ですから、水を渡ることのできる天迦久神(アメノカク)を遣わして、行くかどうかお尋ねになるのがよろしいでしょう」
伊都之尾張神は、かの伊邪那岐命(イザナキ)が天之迦具土神(アメノカグツチ)の首を斬られた剣の神なのでございます。

そこで天照大御神は天迦久神を使いとして送り、伊都之尾張神に行くかどうかを尋ねられました。
「恐れ多いことです。お仕えいたしましょう。しかしながらこの使いには、私の子の建御雷神を遣わしていただくのがよろしいのではないでしょうか」
伊都之尾張神はそう申して、すぐにわが子を使者として差し上げました。建御雷神は猛々しい刀剣の神なのでございます。

こうして、天照大御神は建御雷神に鳥の船である天鳥船神(アメノトリフネ)を添えて、豊葦原国にお遣わしになりました。

二柱の神は、出雲国の伊那佐(いなさ)の小浜に降りたちました。
建御雷神は十掬(とつか)の剣を引き抜くと、波の穂先に逆さにつき立て、その尖った剣の先にあぐらをかいて座りました。こうすることで、相手に自分の威を示すのです。
建御雷神

建御雷神は大国主命に問いかけました。
「天照大御神と高御産巣日神の仰せで、おまえたちの意向を尋ねに参った。おまえが領有している豊葦原国は、統治を委任したわが子が治めるべき国なのであるというのが、天照大御神のお言葉だ。さて訊こう、おまえの意志はどうなのだ」

これに、大国主命は答えました。
「私はお答えできません。このことは、私の後をついだ子である八重事代主神(コトシロヌシ)がお答え申しましょう。しかし、あいにく今鳥狩りや魚捕りをするといって、美保の岬に行ったまま、まだ帰ってきていないのです」
大国主命はすでに隠居していて、事代主神にすべてを任せていたのです。

それを聞くと、建御雷神は天鳥船神をそこへ遣わして、事代主神を呼び寄せました。
「……恐れ多いことです。この国は天つ国の御子にさしあげましょう」
事代主神は父に向ってそう言うと、すぐに乗ってきた船を踏みつけてひっくり返し、青柴垣の向こうで手の甲を打ってまじないしたかと思うと、その船の中に隠れてしまいました。

それは、高天原に対する絶対服従の意志だったのです。

<<国譲り‐天若日子‐ || 国譲り‐大国主の国譲り‐>>


お話の評価

ページトップ