» 弟橘比賣命の入水「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

弟橘比賣命の入水「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4/5 (2)

倭健命(ヤマトタケルノミコト)が焼遣から東へ入って走水の海を渡ろうとなさった時、そこの神が波を起こし、船は同じところをぐるぐると廻り一向に進みませんでした。
そこで倭健命の后であられる弟橘比賣命(オトタチバナヒメノミコト)が

「私があなた様に代わって海に入りましょう。あなた様はお仕事を成し遂げ、天皇にご報告なさってください。」

とおっしゃって、菅の敷物八枚、皮の敷物八枚、絹の敷物八枚を波の上に敷き、その上に降りられました。すると激しかった波が自然と治まって船は進むことができたのです。
その時の后様は

さねさし 相武の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも
(相武の野に燃える火の中で私の事を心配してくださったあなた様)

とお詠みになりました。
yamatake5
そしてその七日後、お后様の櫛が海岸に流れ着きました。そこで倭健命はその櫛をお取りになり、御陵をお作りになってそこに櫛を納めました。

倭健命はまたそこから東へお行きになり、害をなす蝦夷を服従させ、荒ぶる神を鎮めなさいました。
お帰りになる際でした。
足柄の山の麓に行きついて食事をされていた時、その坂の神が白い鹿となって現れたのです。
そこで倭健命は食べ残された蒜(ひる)で迎え撃たれ、それが神の目に当たり、撃ち殺すことができました。
そして倭健命はその坂を登られ、三度ため息をつかれて「吾が妻よ」と仰いました。
そのためこの国をアズマと言うのです。

<<倭建命と草薙剣 || 美夜受比売>>


「弟橘比賣命」登場人物

<倭健命(ヤマトタケルノミコト)>
景行天皇の皇子。父に疎まれ西国や東国の平定を命ぜられる。
<弟橘比賣命(オトタチバナヒメノミコト)>
倭健命の妻。海の神を鎮める為に入水。

お話の評価

ページトップ