» 御堂関白の御犬清明等奇特の事「宇治拾遺物語」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

御堂関白の御犬清明等奇特の事「宇治拾遺物語」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

今となっては昔のことでございます。
御堂関白・藤原道長様は法成寺を建立なされてからというもの、毎日お堂へお参りになっておりましたが、白い犬を可愛がって飼っていらっしゃったので、
その犬はいつも道長様のお側を離れずお供しておりました。

ある日いつものようにお供をしておりましたが、道長様が門にお入りになろうとなさっているとこの犬は行く手を塞ぐように吠えまわり、中に入れまいとしました。
道長様が「なんでもあるまい」と車から降りて中に入ろうとなさると、今度は衣の裾に噛み付いて引きとめようとします。
「何かあるのだろうか」とお思いになり、従者に踏み台を持ってこさせ、それに腰を掛け、陰陽師・安倍晴明に「すぐに参れ」と使いをお出しになると、
晴明はすぐに道長様の下に参上しました。

「このような事があったのだが、どういう事だろうか」と道長様がお尋ねになると晴明は占ってこう言いました。
「これは我が君を呪い申し上げる物を道に埋めているのでございます。お越しになりますと不吉な事が起こります。犬は神通力を持つものなのでそれを告げたのでしょう」
すると「それならばそれは何処に埋まっているのか。見つけ出せ」と仰るので晴明は「お安い御用でございます」と占い、
「ここでございます」という場所を道長様が掘らせてみると、土を五尺ほど掘ったところに案の定、呪具が出てきたのです。
それは土器を二つ合わせ、黄色の紙で十字に縛ったものでした。
image
開けてみると中には何も入っておらず、朱色で一文字を土器の底に書いてあるだけでございました。
「私のほかにこの術を知っている者はおりません。もしかすると道摩法師蘆屋道満の仕業かもしれません。問いただしてみましょう」
と晴明は懐から紙を取り出し鳥の姿に引き結び、術をかけて空へ放つと、それはたちまち白鷺となり南を目指し飛んで行きました。
「この鳥が落ち着く場所を見て来い」と従者を走らせると、六条坊門万里小路付近の古びた家の両開きの戸の中に落ちました。
従者はすぐに家主の老法師を捕らえて戻ってきました。

呪詛の魂胆を問うと老法師は「堀川左大臣藤原顕光様の命でいたしました」と答えました。
「この行いは流罪にするべきであるが、それならば道摩の罪ではない」と道長様は仰り、「今後このような事はしてはならぬぞ」と法師は故郷の播磨へ追放となりました。
その後顕光様は死後に悪霊となり、道長様に祟りをなし、「悪霊左府」と呼ばれましたが、道長様を救った犬はいよいよ寵愛されたということでございます。


「御堂関白の御犬清明等奇特の事」登場人物

<藤原道長>
平安中期の実在人物。娘を入内させ権力を握る。

<安倍晴明>
平安中期の陰陽師。多くの伝説を持つ。

お話の評価

ページトップ