» 御輿振「平家物語-作者:藤原行長(異説有)-」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

御輿振「平家物語-作者:藤原行長(異説有)-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

さて、山門の大衆は国司・加賀守師高(もろたか)を流罪に、目代・近藤判官師経(もろつね)を禁獄にせよと訴えた。
けれど、度々、奏聞しているにも関わらず、いっこうに御裁許がなかった。
そこで、日吉の祭礼を中止して、安元三年四月十三日、辰の一点(午前八時半)の頃に、十禅師、客人(まろうど)、八王子の三社の神輿(しんよ)を飾り奉って、内裏の門へと向かって、輿を振り立てながら進んでいった。

さがり松、きれ堤(づつみ)、賀茂の河原、糺(ただす)、梅ただ、柳原、東北院の辺りに、官位を持たない下級の僧侶、神主、宮仕(みやじ)、下法師らが満ち溢れて、その数も分からないほどである。

神輿は、一条を西へと進んだ。飾り立てられたそれは天に輝いて、もしや、太陽と月が地に落ちたのではないかと驚かれるばかり。
そこで源平両家の大将軍に、内裏の四方の門の守護を固めて、大衆を防げとの命令が下された。

平家は小松の内大臣の左大将重盛公が、三千余騎の軍勢で、大内裏東側の大宮大路に面した陽明、待賢(たいけん)、郁芳の三つの門を守護した。
重盛の弟・宗盛、知盛、重衡、伯父の頼盛、教盛、経盛らは西と南の門を固めた。

源氏は大内裏守護の任に就いていた源三位(げんさんみ)・源頼政、渡辺の省(はぶく)と授(さずく)を中心に、僅か三百余騎の軍勢で北の朔平門、縫殿の陣の守護に就かれた。
その場所は広く、しかし軍勢は少ないので疎らに見えた。

大衆は、頼政らが守護する縫殿の陣が手薄だと見て、そちらから神輿を入れ奉ろうと考えた。
しかし、この頼政という男も相当な人物で、馬から下りて甲を脱いだかと思うと、神輿に向かって拝礼した。兵士たちもこれに従い、皆、頭を垂れた。
そして、大衆の中に申し入れたいことがあると言って使者を立てた。

使者に立てられたのは、渡辺唱(となう)という者である。

その日の唱の装束は淡黄緑色の直垂に、小桜の染革をさらに黄に染め重ねた鎧を着て、赤銅づくりの太刀を佩いて、二十四本の白羽の矢をさした箙(えびら)を背負い、滋藤(しげどう)の弓を脇にはさんだ姿で、甲を脱いで高紐にかけ、神輿の御前に畏まって申し上げた。

御輿振「平家物語」

「衆徒の方々へ、源三位より申せとのことです。
 この度の山門の御起訴は、まことに道理にかなったことであるのはもちろんのこと。御裁許が遅々として行われないことを、余所ながら、わたしも遺恨に思っております。
 したがって、神輿をお入れすることは、異議を申すまでもありません。

 しかし、この頼政の預かっております門は無勢であります。
 しかも、こちらから開けてお通ししようとしている門からお入りになったのでは、山門の大衆は相手の弱味につけこんで、守りの薄いところを通ったのだ――大したことのない奴等だ、と、京童部(きょうわらべ)の物笑いの種となって評判を落とすことでしょう。
 我々としても、神輿をお入れすれば宣旨に背くこととなります。かといってこれを防げば、長年、医王山王を信仰しております身が、今日より後、長く弓矢の道と決別せねばならなくなるでしょう。

 どちらにせよ、まこと困難なことであります。
 それよりも、東の門は小松殿が大勢で守護を固めております。
 そちらの門からお入りになるのが、あなた方のためにもなると思いますが、いかがでしょうか」

この申し出に、神人、宮仕たちは進みかね、しばらく躊躇した。

「そのような理屈があるものか。ただこの門から、神輿をお入れ申せ!」

と、特に若い衆徒らはそのように申すものの方が多かった。
しかし、老僧のなかで、摂津堅者豪運(せっつのりっしゃ・ごううん)という男が、彼らの前に進み出て、このように言った。

彼は、比叡山の東塔、西塔、横川――所謂、三塔の中でも弁舌家として名高い人物である。

「頼政殿の申されることは、もっともである。神輿を先頭に掲げて、訴訟をしようというのだから、大勢の中を打ち破ってこそ後代の聞こえも良いというもの。
 とくにこの頼政殿という方は、六孫王以来、源氏嫡流の正統で、弓矢においては未だ失策したということを聞いたことがない。また、武芸だけではなく、歌の道にも優れているという。

 近衛院が御在位のとき、当座の歌会があったが、深山花(しんざんのはな)という題が出された際、誰もが苦吟していたというのに、この頼政殿は、

 深山木のその梢とも見えざりし 
さくらは花にあらはれにけり

 (茂りあう深山の木は、いずれが何の木の梢とも分からなかったが、桜は花開いて、それと知ることができた)

という名歌を詠まれて、近衛院のお褒めを受けたほどだ。そのような優雅な男に、どうして無情にふるまって恥辱を与えることができようか。お前たち、神輿を引き返し奉れ!」

そのように論じられたので、数千人の大衆は、先陣から後陣まで、皆、もっともだ、もっともだ、と声を上げて賛同した。

衆徒らは神輿を先頭に引き返し、東の陣頭、重盛らの控える待賢門からお入れしようとした。
しかし、たちまち騒乱となり、武士たちが散々に矢を射かけた。
十禅師の神輿にも、数多の矢が突き刺さる。神人、宮仕は射殺され、衆徒も大勢、傷を受けた。
喚き叫ぶ声は天上にまで聞こえ、堅牢地神(けんろうぢちん)も驚くであろうと思われた。大衆は神輿を陣頭に打ち捨てて、泣く泣く、本山の延暦寺へと帰り上った。

<<願立「平家物語」 ||座主流「平家物語」>>


ページトップ