» 応神天皇と三兄弟「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

応神天皇と三兄弟「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

応神天皇は多くの御子を儲けたが、その中で日嗣の御子となったのは、大山守命と大雀命、そして宇遅能和紀郎子であった。
ある日、応神天皇は大山守命と大雀命を呼び寄せ、このような質問をした。

「子どもたちのうち、一番可愛いと思うのは年上の子か、それとも年下の子か」

彼が何故このような問いをしたのか。
それは、日嗣の御子のうち歳の一番若い宇遅能和紀郎子を可愛がっており、自身の後継者として立てようと考えていたからである。
そのような彼の思惑に対し、一番年上である大山守命はこう答えた。

「年上の子の方が可愛いと思います」

大雀命はというと、兄とは反対に父の考えを察しこう述べた。

「年上の子は既に成人しているのですから心配はございません。ですが、年下の子はまだ幼い為それだけ可愛らしく思えます」

ouzin_three_child

大雀命の答えに、応神天皇は「正に私の考えと同じだ」と、喜んだ。

こうして、宇遅能和紀郎子が正式な後継者、即ち天津日嗣となった。
そして大山守命は山や海の管轄を、大雀命は天皇の補佐を任されることとなり、大雀命はこの後も父の命に背くような真似はしなかった。

<<品陀和気命(后妃と御子) ||


「物語のタイトル」登場人物

<応神天皇>
品陀和気命。第十五代天皇。

<大山守命>
応神天皇の御子。後に反乱を起こす。

<大雀命>
同上。後の第十六代仁徳天皇。

<宇遅能和紀郎子>
同上。一番年の若い日嗣の御子でありながら、父に寵愛され後継者とされた。

お話の評価

ページトップ