» 憎きもの「枕草子」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

憎きもの「枕草子」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

 癪に障るもの。

 急用がある時にやってきて、長話をする客。
 軽く扱っていい人なら、「後で」とでも言って帰してしまうこともできるだろうが、こちらが気後れするほど立派な人の時は、そうもいかないので本当に憎らしく、めんどうだ。

 硯に髪の毛が入って磨られているもの。また、墨の中に、石が入ってきしきしときしんで鳴っているもの。

 急病人がいる時に修験者を探し求めるが、いつもいる所にはいないので、別の所を探し回っている。
 その間、待ち遠しい長い時間が経っていたところ、ようやくやって来たので、ほっとしながら加持祈祷をさせると、最近、この修験者は物の怪の調伏にたずさわって疲れきってしまったせいなのだろうか、座るとすぐに眠そうな声を出しているのは、ひどく不快だ。

 これといって何も無い人が、にこにこしてむやみに喋っていること。火桶の火や角火鉢などに、手のひらを何度も裏返し、大きく伸ばすなどして、あぶって座っている者。
 いつ若々しい人などがそんなはしたないことをしただろうか。年寄りめいている人こそ、きまって火鉢のふちに足さえも持ち上げて、喋りながら擦り合わせることをするようだ。
 そんな者は、人の所にやって来ても、座ろうとする所を、まず扇であちらこちら扇ぎ散らして塵を掃き捨てて、居ずまいもきちんとしないであちこち動き回って、狩衣の前を、膝の下へと巻き入れて座るのだ。
 このようなことは、話をする価値もないような身分の者がすることかと思うけれど、いくらか身分がある人で、式部の大夫などといった人が、したのだ。

 また、酒を飲んでわめき、口中をまさぐり、髭のある人はそれを撫で、杯を他の人にやる時の様子は、本当に忌ま忌ましく思う。
「もっと飲め」ときっと言うのであろう。体を震わせて、頭を振って、そのうえ口の端までを引き垂らし、子ども達が「こう殿にまいりて」などを歌う時のような格好をする。
 それをなんと、本当に高貴な方がなさったのを見たので、気に喰わないと思うのだ。

 人のことを羨ましがり、自分の身の上を嘆き、他人のことをあれこれ言い、ほんの塵のように僅かなことも知りたがり聞きたがって、話して知らせないことに対しては怨んで悪口を言い、また、ほんの少し聞きかじったことを、自分が以前から知っていたことのように、他人にも調子に乗って話すのもたいそう不快だ。

nikukimono1

 何か聞こうと思っている時に泣く赤ん坊。
 烏が集って飛び交い、ぎゃあぎゃあ鳴いているの。

 こっそり来る恋人を見知っていて、吼える犬。
 人に知られてはいけないと無理矢理隠している人が、いびきをかいている様子。
 また、こっそりと忍んで来た所に、長烏帽子をつけてきて、そうはいっても人に見つからないようにと慌てて部屋に入る時に、烏帽子が物に突き当たって、がさっと音を立てたこと。
 伊予の国産の簾などが掛けてあるのを、くぐる時にそれを頭にかぶって、さらさらと鳴らすのも、とても癪に障る。
 帽額の簾は、特に、小さい端の部分が床に落ちると、その音がとてもはっきりと分かる。それを、静かに引き上げて入れば、全く音は鳴らないのだ。
 遣戸を手荒く開けるのも、とても嫌だ。少し持ち上げるようにして開ければ、音など鳴らないのに。下手に開ければ、障子などでもことことと音を立ててしまい、男が来ていることが周りに知られてしまうのだ。

 眠たいと思って横になっている時に、蚊が微かな声で心細いかのように鳴いて、顔の辺りに飛び回るの。羽風までも蚊の体相応にあるのこそ、ひどく忌ま忌ましい。

 きしきしと音をたてる車に乗って歩き回る人。耳が聞こえないのだろうかと、とても忌ま忌ましい。自分がそういう車に乗っている時は、その車の持ち主までもが癪に障る。

 また、話をする時に、でしゃばって、自分ひとり先回りをする者。でしゃばりは総じて、子どもでも大人でも、とてもうっとうしく思う。

 ちょっと遊びに来た子どもや幼児達を目にかけて可愛がって、色々とおもしろい物を与えるとそれに慣れて、いつもやって来ては中に入り、道具を散らかしてしまうのは、本当に嫌になってしまう。

 家でも宮仕えしている所ででも会わないでいようと思う人が来たので、たぬき寝入りをしていると、自分の下で使っている者が起こしに近寄って来て、寝坊だと思っている顔つきで、引っ張って揺さぶってきたのは、ひどく憎らしい。

 新参者が元からいる人を差し置いて、物知り顔で教えるようなことを言い、人の世話を焼いているのは、とても気に喰わない。

 今の自分の恋人である男が、以前に恋人であった女のことを褒めるなどするのも、時が経っていることではあるけれど、やはり腹立たしい。
 まして、その関係が現在のことであるとしたら、その憎らしさは思いやられる。
 けれど、現在の方が、かえってそうでもないことなどもある。

 くしゃみをしてまじないを唱えるの。
 大体、一家の男主人でもないのに、無遠慮に声高くくしゃみをする者は、本当に嫌だ。

 ノミもひどく不快だ。着物の下で踊り回って、着物を持ち上げるようにする。
 犬が声を合わせて長々と声を高く上げて吼えるのは、不吉な感じさえして、忌ま忌ましい。

 開けて出たり入ったりする所の戸を閉めない人は、とても癪に障る。


「憎きもの」登場人物

<清少納言>
平安時代の女流作家であり歌人。『枕草子』の作者

お話の評価

ページトップ