» 早池峰の女神「遠野物語(二段)」

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

早池峰の女神「遠野物語(二段)」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

遠野の町は南北に流れる川が合流する処にあります。
その昔は七七十里といって、七つの渓谷の先の七十里奥にある七つの町から品物を集め、市の立つ日は馬千匹に人千人というような賑やかさでした。

遠野を囲む山々の中で最もすばらしい山を早池峰といいます。
この山は北の、附馬牛という所の奥にあります。
東には六角牛山があります。
石神という山は附馬牛と達曾部という所の間にあって、早池峰山と六角牛山より低い山です。

はるか昔、三人の娘を連れた姫神がこの高原へ来て、現在の来内村にある伊豆権現社のあたりに泊まった夜、

「今宵、良い夢を見た者に良い山をあげましょう」

と、娘たちに話して寝ました。
深夜、天より美しい花が舞い降りて、姉姫が寝ている胸の上に止まりました。
ふと目覚めてそれを見た末姫は、こっそりとその花を取り、自分の胸の上に載せてしまったのです。
早池峰の女神
こうして最も美しい早池峰山はこの末姫のものとなりました。

二人の姉姫はそれぞれ六角牛山と石神山をもらいました。

三人の若い姫神たちは各々三つの山に住み、今でもこの山に居ます。
そのため遠野の女の人は姫神の気分を損ねるを畏れて、未だにこの山々では遊ばないという話です。


「早池峰の女神」登場人物

<母の姫神>
三人の娘を連れた母神

<三姉妹の姫神>
それぞれ遠野の山々に鎮まる娘の姫神

お話の評価

ページトップ