» 木花咲耶比売「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

木花咲耶比売「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

邇邇芸の命(ににぎのみこと)が笠沙の岬を訪れたところ、麗しい乙女に出逢いました。
邇邇芸の命が「汝は誰か」と聞いたところ、乙女は「大山津見の神の娘、名は神阿多通比売(かむあたつひめ)。またの名を木花咲耶比売(このはなのさくやひめ)と申します」と答えました。
また、「汝に兄弟(はらから)はいるのか」と聞いたところ、「私には姉がおります」という返事が返ってきました。
「私は汝に求婚したいと思っているのだが、どうだろうか」と言ったところ、木花咲耶比売は「私だけではなんとも……。我が父大山津見の神に聞いてみましょう」と答えました。

邇邇芸の命が大山津見の神に乞うたところ、大山津見の神は喜び、木花咲耶比売の姉磐長比売(いわながひめ)も副(そ)えて邇邇芸の命に差し出しました。
姉磐長比売はひどく醜い貌(かお)をしており、畏(おそろ)しく思った邇邇芸の命は木花咲耶比売だけを留め置いて一夜の契りを交わし、磐長比売の方は送り返してしまいました。
磐長比売は恥じいった様子で大山津見の神の元に帰りました。
これに怒ったのが大山津見の神です。
「私が二人を並べて差し出した由(ゆえ)は、磐長比売を妃にすれば天つ神の御子の命は雪が降り、風が吹こうとも、岩の如く常磐堅磐(ときわかきわ)になった。
また木花咲耶比売を妃とすれば、木の花が栄ゆるがごとく栄えた。
私はそう誓いを立てて二人をお主の元に遣わしたのだ。
ここに磐長比売を返して木花咲耶比売一人を留めたおいたということは、天つ神の御子の命は木の花のように短いものになろう」
古事記より木花咲耶姫

こうした経緯(いきさつ)から、天皇(すめらみこと)の寿命は長くないものと決まったのでした。

この後に木花咲耶比売は身ごもりました。
木花咲耶比売は邇邇芸命の前に進み出て、「私は孕み、今産み時になりました。これは天つ神の御子、私だけで秘かに産むべきではありません」と言いました。
これに対し邇邇芸命は、「一夜にして孕むとは。その子は私の子ではない。きっと国つ神の子だろう」と言いました。
木花咲耶比売は「私の孕み子がもし国つ神の子ならば、子を産むとき無事では済まないでしょう。もし天つ神の子であれば、無事に済ませられるでしょう。」と言いました。
そして戸のない八尋殿を作ってその殿内に入り、土を盛って塗り塞いで、産むときにその殿に火をかけたということです。
その火の中で生まれた子の名は、日照の命(ほでりのみこと)、これは隼人阿多の祖です。
次に生れた子の名は火須勢理の命(ほすせりのみこと)、次に生れた子の名は火遠理の命(ほをりのみこと)またの名を天つ日高日子穂穂出見の命(あまつひこひこほほでみのみこと)と言います。

※常磐堅磐……永久に変わらないことを祝って言う。
※八尋殿……戸のない大きな家屋。分娩のために特に家を作りその中に入って周囲を塗り塞ぐ。

<<猿女君 || 海幸彦山幸彦>>


お話の評価

ページトップ