» 本牟智和気王「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

本牟智和気王「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

天皇はサホビメから生まれたホムチワケノミコ(本牟智和気王)を連れ、池に小舟を浮かべて御子と遊んでおりました。
しかし、その間にも、天皇には深く思い悩むことがあったのです。

「この子がいつまで経っても言葉を話さないのは、いったいどうしたことだろう……」
ホムチワケノミコはとうとうヒゲが胸元まで伸びる歳になっても、言葉を話しませんでした。

ところがある日のこと、空を飛ぶ大白鳥の声を聞いたとき、御子が初めて言葉を口にしました。
それを見て喜んだ天皇は鳥取りの男ヤマヘノオホタカを呼んで言いました。

「あの白鳥A見れば、御子は話すようになるのかもしれん。すぐにあの白鳥を捕らえて来るのだ」
それでヤマノベノオオタカは白鳥を追いかけて、紀伊国から播磨国、因幡国、丹波国、但馬国を通り、東へと追いかけてて、近江国、美濃国を越えて、尾張国から信濃国にまで追いかけていき、ついに越国で罠を張って白鳥を生け捕りにすることができました。

「これがお命じになった白鳥でございます」
「よくやった、これで御子も話すようになるだろう」

しかし、天皇の思う通りにはなりません。

そんなある晩のこと。
天皇の夢で神のお告げを受けました。

「わたしの宮を天皇の住居と同じように、綺麗に立て直せば、ホムチワケノミコは必ず言葉を話せるようになるだろう」

目を覚ました天皇は、占いをして、どの神のお告げなのかを調べると、それは出雲の大神でした。
牟智和気御子
「ならばホムチワケノミコに参拝に行かせることにしよう。しかし、誰をつき従わせるのがよいだろうか……占ってみよ」

その結果、アケタツノミコ(曙立王)が同行することになりました。
そこで天皇は彼に命じてこう言わせました。

「この大神を拝むことで、本当に祟りを払う効果があるのならば、この鷺巣池の樹の鷺よ! 誓約 落ちろ!」
すると、誓約をした鷺が地面に落ちて死んでしまいました。

「誓約 生きろ!!」
と唱えると鷺は生き返りました。

今度は甘樫の丘の葉の広い樫の樹を誓約の力で枯らし、また生き返らせました。
すぐにアケタツノミコとウナカミノミコ(菟上王)がホムチワケノミコと共に出雲へと出発することになりました。

そのとき、
「奈良の道には足の悪い人や目の見えない人が居るだろうから不吉だし、大坂の道にも足の悪い人や目の見えない人が居て不吉だ。紀伊の道なら、縁起がいい」
と占ったので、
一行は紀伊の道から出雲へと向かい、土地土地に品遅部を置いていきました。

そして、出雲に到着し、大神を参拝して帰るときのこと。

肥河に宮を作って滞在したホムチワケノミコを称えるために、出雲国造の祖先であるキヒサツミ(岐比佐都美)が宮の川下に青葉の木々を大量に立て飾り立て、食事を献上しようといたしました。
すると、ホムチワケ御子が、

「川下に青葉の山のように見えるのは、山のように見えて、山ではない。
もしかして、出雲のイワクマの曽宮(ソノミヤ)の葦原色許男大神(アシハラシコヲノオオカミ)を祀っている祭場ではないだろうか?」
と問いました。

「なんと!御子が言葉を話されたぞ。はやく天皇にお知らせしなければ」

同行したアケタツノミコとウナカミノミコはアジマサの葉で出来た宮にホムチワケノミコを移すと、早馬を走らせて、天皇に伝えました。

その後、
ホムチワケノミコは、ヒナガヒメ(肥長比売)と契りを結ばれました。

ところが、寝床でふとヒメを覗き見ると
「うわぁぁ!」
そこにはヒメの姿はなく、代わりに蛇が眠っていました。

ヒメの正体は蛇だったのです。
ホムチワケノミコは恐ろしくなって、逃げ出しました。

「お待ちください!」
ヒナガヒメは悲しんで、海を照らしながら船で追いかけて来たのです。

ますます恐ろしくなって必死に逃げ惑い、ようやく、大和へ逃げ帰ることができました。
一方、ホムチワケノミコに同行したアケタツノミコとウナカミノミコは天皇に報告していました。
「大神に参拝したことで、ホムチワケノミコは話せるようになりました。それで我々も帰って参りました」

天皇は喜び、すぐにウナカミノミコを出雲に向かわせて、神宮を作らせました。
また天皇はホムチワケノミコにちなんで、鳥取部(トトリベ)・鳥甘部(トリカヒベ)・品遅部(ホムヂベ)・大湯坐(オホユエ)・若湯坐(ワカユエ)を定めました。

<<沙本毘古と沙本毘売(後篇) || 多遅摩毛理>>


お話の評価

ページトップ