» 東下り 「伊勢物語(第九段)-作者知れず-」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

東下り 「伊勢物語(第九段)-作者知れず-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

むかし、ある男がいました。
その男は自分のことを役に立たない人間だと思い詰め、
「京都ではなく、東国の方で住むのにふさわしい国を見つけよう」といって出かけました。
古くからの友一人二人をひき連れましたが、
誰も道を知らなかったので、迷いつつ行きました。

ほどなくして、三河の国(愛知県)八橋というところに着きました。
その土地は川が蜘蛛のように8つに分かれており、それぞれに橋が架かっているため、八橋と呼ばれています。

彼らは沢のほとりの木陰に腰を下ろし、乾飯を食べました。
その沢には、かきつばたの花がとても美しく咲いていました。
それを見てある人が

「かきつばたの5文字を5・7・5・7・7それぞれの頭文字に使って旅の心をを詠んでみてくれ」

と言ったので、もう一人が

から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ
(着慣れた唐衣のように慣れ親しんだ妻を都に置いてきたので、はるばるやってきた旅の遠さをしみじみ思う)

と詠んだので、みな涙をこぼして、乾飯がふやけてしまいました。

さらに行き、駿河の国に着きました。
宇津の山に着き、分け入ろうとする道はとても暗く細く、蔦や楓が茂っており、なんとなく心細くなり、とんでもない目に遭うのではと思っていたところ、修行者に出会いました。

「どうしてこんな道をお通りになるのです」と言うのでよく見ると、都で会ったことのある人でした。
都にいるあの御方のもとにと思い、文を書いて修行僧にことづけました。

駿河なる宇津の山辺のうつつにも夢にも人にあはぬなりけり
(駿河国にある宇津(うつ)の山を通ると、淋しくて人通りもありません。現実(うつつ)だけでなく夢の中でさえあなたににお会いできないのです)

富士の山を見ると、五月の末だというのに、雪が真っ白に振り降っていました。

時しらぬ山は富士の嶺いつとてか鹿子まだらに雪のふるらむ
(季節をわきまえない山、それは富士の嶺です。いまをいつだと思って、鹿の子斑に雪は降るのでしょう)

その山は、都でたとえると、比叡山を二十くらい重ね上げたような高さで、形は塩尻のようでした。

さらに先へ先へ進むと、武蔵の国と下総の国との境に、とても大きな川がありました。
それを隅田川といいます。その川のほとりに集まって座り、思えば遠くまで来たものだとお互いに侘しい気持ちになっていると、
渡し舟の船頭が「はやく舟に乗れ。日が暮れてしまう」というので
舟に乗って川を渡ろうとすると、みんなはなんとなく侘しい気持ちになり、都に恋しい人がいないわけでもありません。

ちょうどその時、くちばしと脚の赤い、鴫くらいの大きさの白い鳥が、
水の上で遊びながら魚を食べていました。
都では見かけない鳥なので、みんなその鳥の名前を知りません。
船頭に尋ねると「これは有名な都鳥だ」というのを聞いて、

名にしおはばいざ言問はむみやこどりわが思ふ人はありやなしやと
(都という名を持っているならば、都のことはよく知っているのだろう。都鳥よ、私の恋しい人は元気でいるだろうか)

azumakuda

と詠んだので、舟の中の人はみんな泣いてしまったそうです。

|| 第二十三段:筒井筒>>


お話の評価

ページトップ