» 意奚皇子と袁奚皇子「根日女伝説」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

意奚皇子と袁奚皇子「根日女伝説」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (2)

昔々安康天皇の御代お話です。
安康天皇は従兄弟にあたる市辺押磐皇子を可愛がり次の天皇にと考えられておりました。

しかし、眉輪王が起こした謀反により崩御されてしまいます。

それからしばらくして大泊瀬皇子が落ち込む市辺押磐皇子を狩りに誘いました。
近江国 蚊屋野で狩りを楽しんでいると市辺押磐皇子の方に向かって大泊瀬皇子声の大声が聞こえてきました。

「猪だ!!射抜け!!」
声と同時に市辺押磐皇子に向けて無数の矢が飛んできました。

大泊瀬皇子は市辺押磐皇子が即位するのを良しとせず暗殺してしまわれたのです。
市辺押磐皇子には意奚(おけ)と袁奚(をけ)という皇子がおりその2人の皇子も追われる身となってしまわれました。

皇子達は播磨国美嚢郡に逃れられました。

そんなある日皇子達は根日女という見目麗しき姫に出会われます。
皇子たちはその麗しさに惹かれ姫に求婚いたしました。

根日女は求婚に応じましたが意奚と袁奚は互いに譲り合い婚礼がまとまりませんでした。
それから時が流れ雄略天皇(大泊瀬皇子)がご崩御あそばして清寧天皇の御代になりました。

皇子たちは世話になっており村長の館が新築されたのでその祝の宴に参加しておりました。
身分を隠していた皇子たちは神様をお祭りする灯火をつけさせ、さらに、新築のお祝いの歌を歌うように命じられました。

弟の袁奚が高らかに祝の歌を歌い上げます。

たらちし 吉備のまがねの 狭鍬持ち
         田打つなす。手打て子ら 吾れは舞いせむ
(吉備国の鉄で鍛えた鍬を手にし、田を耕すように、方々手を打て、私は舞いましょう)

淡海は 水渟る国 倭は青垣 青垣の 
      山投にましし 市辺の天皇の 御足末 奴津らま
(近江は豊かな水の国、大和は青々と茂る山に囲まれた国、私たちはその大和におられた市辺の天皇の子なのです)

同席していた方々は驚き言葉も出ません。
そんな中、偶然居合わせた山部連小楯が皇子たちの元へ近寄ると喜び勇んで声をかけました。
「荑媛は食事も喉を通らず、夜もまともにお休みになられないほど皇子たちの案じて行方をお探しです」

こうして、皇子たちは都へと帰ることになりました。
しかし、皇子たちも根日女も互いに思いを秘められたまま別れる事となってしまわれました。

意奚皇子と袁奚皇子「根日女伝説」

互いに思いながらも皇子たちは以前譲り合い根日女元に訪れず、
根日女はお返事を待ち続けてついに衰えて亡くなってしまいました。

根日女落命の知らせはすぐに皇子たちに伝えられて2人の皇子は大変お嘆きになりました。

「朝日と夕日が最もさす地に根日女の墓を作って埋葬してください。墓は美しい玉で飾りつけて・・・」
そう山部連小楯に申し付けて大きな墓が作られたそうです。

その後、皇子たちは父の成し得なかった天皇即位を果たします。
意奚は弟袁奚の歌った歌のおかげで今があるのだと袁奚に天皇の座を譲りました。

袁奚は顕宗天皇となり国を治めました。
その3年後にご崩御されると御子もいらっしゃいませんでしたので兄の意奚が天皇に即位されました。

意奚は仁賢天皇となれられました。


「意奚皇子と袁奚皇子「根日女伝説」」登場人物

<意奚(おけ)>
市辺押磐皇子の御子で袁奚とは同母の兄。
大泊瀬皇子の謀略で父を失い播磨国に逃れるが後に仁賢天皇となる

<袁奚(をけ)>
市辺押磐皇子の御子で意奚とは同母の弟。
大泊瀬皇子の謀略で父を失い播磨国に逃れるが後に顕宗天皇となる

<市辺押磐皇子(いちのへのおしはのみこ)>
安康天皇のご寵愛を受けて次代の天皇に期待されるが大泊瀬皇子の謀略でご崩御される。

<大泊瀬皇子(おおはつせのみこ)>
市辺押磐皇子を謀殺して雄略天皇となる。

お話の評価

ページトップ