» 桐壷(桐壷の死)「源氏物語-作者:紫式部」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

桐壷(桐壷の死)「源氏物語-作者:紫式部」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

第二皇子が3歳になった年の夏のことです。
御息所は軽い病にかかられて、実家へ下がろうとしたのですが帝はそれをお許しになりませんでした。

ここ数年、御息所はどこかしら体が悪い事が続いていましたので帝はそれほど重く考えておられなかったのです。

「もうしばらく御所で養生をしてからにするとよかろう」
帝がそうおっしゃるうちに御息所はほんの5、6日の間に病は重体となってしまわれました。

御息所の母は涙ながらにお暇を願い実家に戻すことが叶いました。
呪詛が行われることを恐れた御息所方は、皇子に禍が降りかからないようにという思いから皇子を宮中に残して目立たないように御息所だけひっそりと退出されていくのでした。

この上留め置く事は不可能であると帝は思召して、御息所がたつところを見送る事もできない。
言いようもなく無念に感じられて心を酷く痛められました。

華やかな顔立ちの美人が見る影もなく痩せてしまって、心のなかには帝と別れていく虚無感がありましたが口には一切出せないこの方の性質です。
生き死にも分からないほど弱ってゆくのをご覧になると帝は未来にも過去にも希望を持てないきがされるのでした。

眼差しもよほど怠そうで、いよいよ弱々しく意識もないような状況になってしまわれました。

御息所が宮中から輦車で出て良いと許可の宣旨を役人が下しになっても、いよいよとなると再び更衣のお部屋に入られ、どうしても退出をお許しになる気になれない。

「死の旅にも同時に出るのが私達2人であると・・・あなたも約束したのだから、私を置いて家へ行ってしまうことは出来ないはずだ」
帝はそう仰ると、女も非常に悲しそうに顔を見て

「限りとて 別るる道の悲しきに いかにまほしきは 命なりけり」
※人の命には限りがあるもの。別れ路に立って悲しく思われるにつけても、私が本当に行きたいと思うのは 生きるほうの路でございます。
「死がそれほどにも私に迫って来ておりませんのでしたら・・・」

これだけの事を息も絶え絶えに言って、なお帝に伝えたい言葉があるようですが、全く気力をなくされてしまいました。

帝は、死ぬのであれば看取りたいと思召しましたが、今日から始まる祈祷も高僧達が承っていて、それでもぜひ今日から始めねばなりませぬ申し上げて方々から御息所の退出を促しました。
桐壺の死

帝は不眠に陥るほど悲しみにくれられました。
帰った御息所の家へとお出しになる尋ねの使いはすぐに帰ってくるはずが、その返答を聞くことが待ち遠しいであろうと仰せられた帝でしたが使いは
「夜明け過ぎに・・・お亡くなりになりました。」
っといて御息所の里の人たちが泣き騒いでおり、使いもたいそうがっかりして宮中に帰参した。

御息所の死をお聞きになった帝の悲しみは非常で、そのまま引きこもってしまわれました。

その中でも忘れ形見の皇子は側へ置いておきたく思いましたが、母の忌服中の皇子が、穢れのやかましい宮中においでになることは前例がありません。
皇子は御息所の実家へ退出されることとなりました。

皇子はどのような事が起こっているのかもお知りにならずに侍女たちが泣き騒ぎ、帝のお顔にも涙が流れてばかりいるだけの不思議に思いになるふうでありました。

父と子の別れというような事はなんでもない場合でも悲しいものです。
この時の帝のお心を察するほどお気の毒なものはありませんでした。

<<光源氏の誕生|| 蓬生の宿>>


「桐壷(桐壺の死)」登場人物

<御息所>
桐壷の更衣。
後に光源氏となる第二皇子の母である更衣。

<第二皇子>
後に光源氏となる美しき皇子。

お話の評価

ページトップ