» 桐壷(桐壺の葬送)「源氏物語-作者:紫式部」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

桐壷(桐壺の葬送)「源氏物語-作者:紫式部」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

どんなに惜しい人でも遺骸は遺骸として扱われねばならない。

桐壺の更衣の葬儀が行なわれることになって、更衣の母君は、遺骸と同時に火葬の煙になりたいと泣きこがれていた。葬送の女房の車に強いて望んで一緒に乗って、愛宕の野にいかめしく設けられた式場へ着いた時の母君の心はどんなに悲しかったであろうか。

「死んだ人を見ながら、やはり生きている人のように思われてならない、私の迷いを覚ますためにも、葬儀に行く必要があります」
と分別があるかのように言っていたが、車から落ちてしまいそうになりながら泣くので、こうなるのを恐れていたのだと女房たちは思った。

宮中からの使いが葬場へ来た。更衣に三位が贈られたのである。

勅使がその宣命を読んだ時ほど、更衣の母君にとって悲しいことはなかった。三位は女御に相当する位階である。生きていた日に女御とも言わせられなかったことを、帝は心残り多く思い召されて贈位を賜わったのである。

こんなことででも、後宮のある人々は反感を持った。

同情のある人は故人の美しさ、性格のなだらかさなどで、憎むことのできなかった人であると、今になって桐壼の更衣の真価を思い出していた。あまりにひどい御殊寵ぶりであったから当時は嫉妬を感じたのだと、更衣の生前のことを思い起こしていた。優しい同情深い女性であったのを、帝付きの女官たちは皆恋しがっていた。

「なくてぞ人は恋しかりける」とはこうした場合のことであろう。

時は人の悲しみにかかわりもなく過ぎて、七日七日の仏事が次々に行なわれる、そのたびに帝からはお弔いの品々が下された。
桐壺の葬送
愛する人の死んだ後の日が経っていくにしたがい、帝はどうしようもない寂しさばかりをお覚えになり、女御、更衣を宿直に召されることも絶えてしまった。

ただ涙の中の御朝タであって、拝見する人までが湿っぽい心になる秋であった。

「死んでからまでも人の気を悪くさせる御寵愛ぶりね」

などと言って、右大臣の娘の弘徽殿の女御などは今さえも嫉妬を捨てなかった。

帝は一の皇子を御覧になっても更衣の忘れ形見の皇子の恋しさばかりをお覚えになり、親しい女官や御自身のお乳母などを更衣の実家へお使わしになって、若宮の様子を報告させておいでになった。

<< 桐壷の死|| 桐壷(蓬生の宿)>>


登場人物

<桐壺の更衣>
後に光源氏と呼ばれる第二皇子の母。帝の寵愛に嫉妬する者からの恨みに耐えながらも宮中にいたが、病により実家に退去し、そのまま急死する。

<更衣の母君>
今は亡き大納言の妻。更衣が宮中に上った後、娘が恥をかかぬよう細やかに気を配っていたが、その娘にも先立たれ、涙に咽ぶ。
帝:桐壺帝。寵愛していた桐壺の更衣に先立たれ、失意の秋を過ごす。

お話の評価

ページトップ