» 桐壷(帝の寵愛)「源氏物語-作者:紫式部」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

桐壷(帝の寵愛)「源氏物語-作者:紫式部」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

どの帝の御代でございましたか、女御更衣など大勢がお仕えなさっていた中に、最上の貴族出身というわけではございませんが帝から深いご寵愛を得ているお方がいらっしゃった。

最初から自分こそはという自信と身内の勢力に頼る所があって宮中に入った女御達からは失敬な女として心底より妬まれ、その方と同等、もしくは地位の低い更衣たちからは嫉妬の炎をもやされていました。
kititubo_01

朝晩のお勤めをなさいます時も周りの女御たちの心を騒がせてやまずに恨みつらみを一身に受けられておりました。
そんな事が祟ってかそのお方は徐々に体が弱っていき、心細くなって多く実家へ下がっていがちなりました。

いよいよ帝はこの方にばかりお心を引かれになるというご様子で、何と批判されようとそれにご遠慮などというものがお出来なりませんでした。
ご聖徳を伝える歴史にも黒い影が及ぶやも知れぬ状態になっていました。

公卿や殿上人たちも目を側めながら、この方に注がれるご寵愛を見られ、
唐国でも似ていたよな寵姫や楊家の女の出現により世は乱れたなど陰口を叩かれていました。

そして、この女性こそがわざわいだと言われるようになってしまいました。
「この日本で馬嵬事変が再現されるやもしれぬぞ」

そのお方は耐え難い雰囲気の宮中を、ただただ帝の深いご寵愛のみを頼りに暮らされておりました。
そのお方の父である大納言様は遠に身罷られ、母は見識のある女性でした。

両親に劣らずどのような儀式もとり行うことができましたが、何かの場合には心細い思いをするのでした。

|| 光源氏の誕生>>


「桐壷(帝の寵愛)「源氏物語」」登場人物

<桐壺帝>
光源氏の父親にあたる天皇。
身分の低い更衣に寵愛を寄せる

<桐壺更衣>
光源氏の母親にあたる更衣。
身分は低いが帝のご寵愛を一心に受ける。

お話の評価

ページトップ