» 桐壷(蓬生の宿)「源氏物語-作者:紫式部」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

桐壷(蓬生の宿)「源氏物語-作者:紫式部」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

吹く風に野分の気配が混ざり、急に肌寒くなったある日の夕暮れ。
いつにも増して亡き人の思い出されることが多くて、靱負(ゆげい)の命婦(みょうぶ)と呼ばれる女官を更衣の実家にお遣わしになる。

夕月夜の美しき頃に使者を遣わせ、帝はそのまま物思いに耽った。

(このような夕べには、管弦など催して更衣と共に合奏したものだった……)

中でも、彼女は琴を巧みに奏し、ふと口遊む歌の句も人並み以上に優れたものであったと、愛しき彼(か)の人の仕種や面差しが、今、この瞬間もひたりと寄り添っているように感じられる。
けれど、それも「闇のうつつ」――古今集に「ぬばたまの 闇のうつつは定かなる 夢にもいくらも まさらざりけり」という歌があるけれど、暗闇で抱く現実よりも、目の前に現れる更衣の幻の方が、さらに儚いものであった。

一方、更衣の里へと到着した命婦は、屋敷の様子に哀れみを感じた。

夫・大納言を亡くし、頼る男主人のいない、心細い暮らしながらも「宮中で恥をかかせる訳にはいかない」と、更衣を盛り立てるため、何かと手を入れては見苦しくないようにと整えていらっしゃったのに、娘に先立たれた悲しみに泣き暮らしているうちに、庭の草はすっかり生い茂り、そこへ野分が加わると余計に荒れ果てたように感じられる。
ただ、か細い月影だけが雑草にも構わずに、そっと照らしていた。

「今日まで生き永らえていることさえ、本当に辛うございますのに、このように立派な御使者が、草深き我が家の露を分けてお越し下さったことは、大変お恥ずかしゅう存じます」

宮中の使者を出迎えた更衣の母君は、命も耐え難げな様子でお嘆きになる。

その姿に、命婦も思わずもらい泣きをした。

桐壷(蓬生の宿)

「先日、こちらを訪ねた典侍が『お屋敷を訪ねてみると、ひとしおお気の毒な様子で、心も魂も消え失せるようでした』などと奏上なさいましたけれども……なるほど、わきまえのない、わたくし風情でも本当に忍びがたく感じることでございます」

そして、少し気持ちを落ち着かせてから、帝の言葉をお伝え申し上げた。

『しばらくの間は、これは夢ではないかとばかり思い続けていましたが、心が静まるにつれて、かえって醒めることのない現実を耐え難く思っております。
けれど、この堪えがたい気持ちをどうすれば良いのか、朕(わたし)には相談できる相手さえいないのです。ですから、どうか同じ悲しみに暮れる朕のために、密かに参内してはくれないでしょうか。
幼い若君のことも、とても気がかりです。亡き人を偲び、涙の乾く間もない人々の中に置いておくのは可哀想ですから、早くこちらへ参内なされるように――』

「――このように申し上げる声も涙に咽び、その上、わたくしどもに気弱な様子を見せまいと、ご遠慮なさらないでもないご様子が気の毒で、最後までお聞きすることも出来ぬまま退出して参りました」

そう言って、帝からの文をお渡し申し上げた。

<< 桐壺(桐壷の葬送)|| 桐壷(蓬生の宿 後編)>>


「桐壷(蓬生の宿)」登場人物

<帝>
桐壺帝。寵愛した桐壺更衣を失い、涙に咽ぶ日々を過ごす。とある秋の夕暮れ、靱負の命婦を使者に立て、更衣の母へと文を送る。

<靱負の命婦>
桐壺帝が更衣の実家に送った使者。帝の文を届ける役目を担う。

<更衣の母君>
桐壺更衣の母。亡き大納言の妻で、夫の遺言に従って娘を宮中へと上げる。更衣が宮中で恥をかかぬようにと、細やかな気配りをする女性であったが、娘を亡くした悲しみで屋敷はすっかり荒れ果ててしまう。

<若君>
桐壺更衣が産んだ、第二皇子。後の光源氏。

お話の評価

ページトップ