» 梓弓「伊勢物語(第二十四段)-作者知れず-」 –

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

梓弓「伊勢物語(第二十四段)-作者知れず-」 –

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

昔、ある男が、女と片田舎に住んでいました。
男は宮仕えをするために、別れを惜しみながらも京へ行ってしまいました。

男はそのまま三年間も帰ってこなかったので、女は待ちわびてしまい
たいそう熱心に求婚してきた別の男と「今夜結婚しよう」と約束していました。
そこへ、前の男がちょうど帰ってきました。

男は「この戸を開けてください」と戸を叩きましたが、
女は戸を開けず、歌だけを詠んで外の男に差し出しました。
梓弓
  梓弓年の三年をまちわびてただ今宵こそ新枕すれ  

三年もの間ずっとあなたをお待ちしましたが、とうとう待ちくたびれてしまいました。
まさに今夜、私は新しい人と結婚するつもりです。

と女が詠んで差し出したところ、

  梓弓ま弓槻弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ 

いろいろなことがあった年月だったけれど、
長年私があなたを愛してきたように、新しい夫と仲睦まじく暮らしてください。

と言って、男は立ち去ろうとしました。女は、

  梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを  

あなたの心がどうあったとしても、
私の心は昔から、あなたにずっと寄り添っていましたのに。

と言いましたが、男は帰ってしまいました。
女はとても悲しくなって、男を追いかけましたが追いつけず
清水のある所で倒れ伏してしまいました。
女はそこにあった岩に、指から出た血で歌を書きつけました。

  あひ思はで離れぬる人をととどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる 

私はあなたを愛しているのに、あなたは同じようには思ってくれないで
離れていくあなたをどうしても引きとめることができぬまま、
私は今にも消え果ててしまいそうです。

と書いて、女はそこで死んでしまいました。

<<第二十三段:筒井筒 ||


お話の評価

ページトップ