» 橋姫伝説「平家物語剣巻」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

橋姫伝説「平家物語剣巻」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

嵯峨天皇の御代に、ある公卿の娘がいた。あまりに嫉妬深く、貴船の杜に参詣して七日の間籠もり、
「貴船神社様、七日間籠もった暁には、私を生きながら鬼に変えてください。妬ましい女を取り殺したいのです」

と祈った。神社の明神は哀れに思い、
「本当に鬼になりたいのなら、姿を改めて宇治川に二十一日間浸かれ」
と告げた。女は喜んで都に帰ると人のいないところに籠り、長い髪を五つに分けて五つの角を作った。顔には紅をさし、体には丹を塗った。鉄輪を逆さにして頭に載せ、三つの脚に松明を燃やし、また別の松明を口に銜(くわ)えて両端に火を付けた。

夜が更け、人少なになると大和大路に走り出た。南の方に行って見れば、頭から五つの火が燃え上がり、眉は太く、顔も体も赤ければ、その姿はさながら鬼の姿に違わず、これを見た人は魂を食われたようになって気を失い、死ぬという有り様であった。

貴船神社に願をかけて生きながら鬼神となった女、これが宇治の橋姫である。
橋姫伝説

橋姫は妬ましいと思う女、その縁の者、思う男の親族、上下を選ばず、男女も別たず、次々と殺していった。男を殺すときには女の姿になり、女を殺すときは男の姿になって殺した。京中の貴賤の者が申の刻以降になると門を固く閉じ、家に人を入れることも、また外に人を出すこともなくなった。

その頃摂津の頼光の元に綱・公時・貞道・末武という武士の四天王がいた。その中でも随一なのが綱であった。武蔵国の美田というところで生まれたため、美田源氏と呼ばれていた。一条大宮というところに頼光が用事があり、綱を使者に遣わした。夜陰に及んでいたため、髭切を帯かせ、馬に乗せて遣わせた。その帰り道、一条堀川の戻橋を渡るときに、東の爪に齢は二十余りと見える女がいた。肌は雪のように白く、紅梅柄の打衣を着、佩帯(はいたい)の袖に経を持って、一人で南へ向かっていた。綱は橋の西の爪を過ぎるときに、
「一体どこへ行く人でしょうか。我らは五条渡りに行くところです。夜も更けて怖いでしょう。お送りしましょう」
と馴れ馴れしげに言った。綱は急ぎ馬から飛び降り、
「お乗り下さい」
と言った。女が

「悦んで」
と言い終わらぬ間に綱は近くに寄って女をかき抱いて馬に乗せた。堀川の東の爪を南の方に行くと、正親町へ一二段ほど行ったところで女は振り向き、
「本当は五条渡りにさしたる用はなく、私の住所(すみか)は都の外なのです。そこまで送ってはいただけないでしょうか」
と言った。綱は
「承りました。どこへでも行きましょう」
と答えた。すると女は元の厳しい鬼の姿になり、
「さあ我らが行くところは愛宕山ぞ」
と言って綱の髻を掴んで北西へと飛び立った。

綱は少しも騒がず髭切をさっと抜き、鬼の手を立ち切った。綱は北野の杜の回廊の星の上にどうと落ち、鬼は手を切られながらも愛宕山へ飛んだ。髻についた鬼の手を見ると、雪のように白かったはずが真っ黒で、銀の針を立てたように白い毛がびっしりと生えていた。

これを持っていったところ頼光はたいそう驚き、不思議なことだと思って「清明を召す」と播磨の守安倍清明を呼んだ。「どうしたらよいか」と尋ねたところ、清明は「綱には七日の暇を与えて、その間謹慎させてください。鬼の腕は私が仁王経を読んで封じます」と答えたので、そのようにしたということである。


「橋姫伝説」登場人物

<橋姫>
公卿の娘で嫉妬深く貴船の杜に籠り鬼となった。
綱に討たれた後に橋の神になった

お話の評価

ページトップ