» 沙本毘古と沙本毘売(前篇)「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

沙本毘古と沙本毘売(前篇)「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

久米伊理毘古伊佐知命(イクメイリビコイサチノミコト)は師木の玉垣宮で天下をお治めになりました。この天皇は、沙本毘古命(サホビコノミコト)の妹である佐波遅比売命(サハヂヒメノミコト)を娶り、品牟都和気命(ホムツワケノミコト)をもうけました。

また、丹波比古多多須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシノミコ)の娘である氷羽州比売命(ヒバスヒメノミコト)との間に、印色入日子命(イニシキノイリヒノミコト)、大帯日子淤斯呂和氣命(オオタラシヒコオシロワケノミコト)、大中津日子命(オオナカツヒコノミコト)、倭比売命(ヤマトヒメノミコト)、若木入日子命(ワカキイリヒノミコト)をもうけました。

また、氷羽州比売命の妹の沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメノミコト)との間に、沼帯別命(ヌタラシノワケノミコト)、伊賀帯日子命(イガタラシヒコノミコト)をもうけました。
また、沼羽田之入毘売命の妹の阿耶美能伊理毘売命(アザミノイリビメノミコト)との間に、伊許婆夜和気命(イコバヤワケノミコト)、阿耶美津比売命(アザミツヒメノミコト)をもうけました。
また、大筒木垂根王(オオツツキタリネノミコ)の娘である迦具夜比売命(カグヤヒメノミコト)との間に、袁耶弁王(ヲサベノミコ)をもうけました。

また、大国之淵(オオクニノフチ)の娘である苅羽田刀弁(カリハタトベ)との間に、落別王(オチワケノミコ)、五日帯日子王(イツカタラシヒコノミコ)、伊登志別王(イトシワケノミコ)をもうけました。
また、同じ大国之淵の娘である弟苅羽田刀弁(オトカリハタトベ)との間に石衝別王(イワツクワケノミコ)、石衝毘売命(イワツクビメノミコト)をもうけました。石衝毘売命はまたの名を布多遅能伊理毘売命(フタヂノイリビメノミコト)といいます。

この天皇の御子たちは全員で皇子13人、皇女3人の16人でありました。

そして、多くの御子のうちで、大帯日子淤斯呂和氣命が天下を治めになりました。大帯日子淤斯呂和氣命は身長が一丈二寸、足の長さが四尺一寸もありました。
次に印色入日子命は血沼池や狭山池を作り、また日下の高津池をお作りになられました。さらに、印色入日子命は鳥取の河上宮においでになり、一千もの太刀を作らせて石上神宮へお納めになりました。また、そのまま河上宮にいらっしゃり、河上部をお作りになりました。

次に大中津日子命は、山辺之別・三枝之別・稲木之別・阿太之別・尾張国の三野別・吉備の石无別・許呂母之別・高巣鹿之別・飛鳥君・牟礼之別たちの祖となりました。
次に倭比売命は、斎王として伊勢大神宮をお祭りになりました。
次に伊許婆夜和気命は沙保の穴太部之別の祖となりました。
次に阿耶美津比売命は稲瀬毘古王に嫁ぎました。
次に落別王は小月之山君・三川之衣君の祖となりました。
次に五日帯日子王は春日山君・高志池君・春日部君の祖となりました。
次に石衝別王は羽咋君・三尾君の祖となりました。
次に布多遅能伊理毘売命は倭健命の后となりました。

この天皇が沙本毘売を皇后となさっていたときのお話であります。沙本毘売の兄である沙本毘古が、妹に「夫である天皇と兄である私とどっちが愛おしいか。」と尋ねたところ、沙本毘売は「兄のほうが愛しく思います。」とお答えになりました。すると沙本毘古は天皇に対する反逆を計画し、妹に「お前が本当に私を愛おしく思うなら、私とお前で天下を治めよう。」と言いました。そして、沙本毘古は、よく鍛えた紐小刀を作り、それを妹の沙本毘売に与えて「この短刀で、天皇がお休みになっているところを刺しなさい。」と言いました。

天皇は、沙本毘古の計画のことは存じ上げることなく、沙本毘売の膝の上でお休みになってしまいました。

そこで、皇后である沙本毘売は天皇の頸を刺そうと短刀を三度も振り上げましたが、悲しい思いにたえることができませんでした。ついに天皇の頸を刺すことができず、代わりに涙が天皇のお顔に落ちました。すると天皇は目を覚まし、皇后に向かって次のようにお尋ねになりました。「今、おかしな夢を見た。佐保の方向からにわか雨が降ってきて、私の顔を濡らした。と思ったら、錦のような色の小さな蛇が私の首に巻き付いてきた。この夢は、いったい何のしるしであろうか?」
sahobiko1
すると皇后は、もう隠しきれまい、とお思いになって、すぐに兄の沙本毘古のとの計画や短刀を三度も振り上げたことなどをすべて打ち上げて、「天皇の夢はそのとこのしるしでしょう」とおっしゃいました。

そこで天皇は「自分は危うくだまし討ちにあうところだった。」とお気づきになり、沙本毘古の討伐をはじめました。沙本毘古は稲城を作り、天皇の軍勢を待ち受けて戦いました。そのとき、天皇の皇后であった沙本毘売は、兄を思う情にたえかねて密かに裏門から逃げ出し、兄の沙本毘古の稲城へと入りました。

<<三輪山伝承 || 沙本毘古と沙本毘売(後篇)>>


お話の評価

ページトップ