» 浦島伝説「御伽草子」

中世の物語

中世の物語

平安時代の雅から一変武士の社会へと
変わった時代。妖怪のお話や武士や
城主のお話までご紹介しております。

浦島伝説「御伽草子」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

むかしむかし、丹後の国に浦島太郎という24、5歳の息子がいました。
明けても暮れても魚をとって父母を養っていましたが、

ある日、手持ち無沙汰に釣りでもしようと出かけました。
あちこちの浦や島や入江の隅々で釣りをし、貝を拾い、海松布を刈っていると、

絵島が磯というところで亀を一匹釣り上げました。
「『鶴は千年亀は万年』といって、お前は命の長い生き物だ。

ここで命を断つのも気の毒だから、助けることにしよう。
いつもこの恩を覚えていておくれ」

浦島太郎はそう言うと、この亀をもとの海にかえしました。
次の日また釣りに出かけると、はるか海の上に小船が浮かんでいました。

小船には美しい女性がひとり乗っており、波にゆられて浦島太郎の立っているところにやってきました。

「あなたはなぜこんな海に、一人で船に乗っているのです」
「あるところへ行こうと船に乗っていたら、急に風が強くなって海が荒れてしまいました。

一緒に乗っていたたくさんの人たちは海に落ちてしまいましたが、親切な人が私をこの小船に乗せて流してくれました。
私は鬼のいる島に着いてしまうのではないか、どこに行ってしまうのかと不安に思いながら漂流していたところ、

あなたを見つけたのです。これもなにかのご縁でしょう。そして同じように、ひどい人と会うこともあるのでしょう」
女性はさめざめと泣き出してしまいました。

浦島太郎もさすがに女性をかわいそうに思い、綱を手にとって小船を引き寄せました。
「どうか私を国に連れて行ってください。ここで見捨てられてしまったら、どこへ行けばいいのかわかりません。

それでは海で漂っていたのと同じことになってしまいます」
女性はそう言うと、また泣き始めてしまいました。

浦島太郎はかわいそうに思い、その小船で沖へ漕ぎ出しました。
女性に教えられるまま10日あまりの船旅をして、女性を本国まで送りとどけました。

船を降りてどんなところか見てみると、
白銀の築地に、金の瓦が並んだ家に着きました。

そこは、どんなところも彼女の家に勝るところはないと思われるほど、素晴らしいところでした。
「同じ木の下で暮らし、同じ川の水を汲むことは前世から決められている運命。

ましてはるか遠くからここまで船で送ってきてくださったこともなにかの縁です。
何も遠慮はいりません。私と夫婦になってここで暮らしませんか」

女性は長々と語り、浦島太郎は「とにかく言われたとおりにしましょう」と答えました。
二人は偕老同穴、雌雄一体で空を飛ぶ比翼の鳥か、木と木が途中で交わる連理の枝のように、夫婦仲睦まじく暮らしました。

「ここは龍宮城といいます。四方の戸を開けるとそれぞれ四季の風景を見ることができます」
妻はそう言うと、浦島太郎の手を引きました。

urashima2

東の戸を開けてみると、春の景色が見えました。
梅や桜が咲き乱れ、柳の枝も春風で揺れています。ウグイスも近くで鳴き、木々は芽を出しています。

南の方を見てみると、そこは夏の景色です。
春の垣根を越えて行くと、ウツギが咲いています。

池に浮かぶ蓮の葉には霞がかかり、涼しげな水際では鳥たちがたわむれています。
木の葉が茂り、セミの声が聞こえてきます。
夕立が通り過ぎたような雲間をホトトギスが飛んでゆき、その鳴き声は まるで夏の来たのを伝えているようです。

西の方は秋のようです。あたりの木々は紅葉しています。
垣根の内側では白菊が咲き、向こうの霧がかった野にはハギが咲いています。

鹿の大きな鳴き声も聞こえます。
北の方は冬のようです。
木の枝は枯れ、地面に落ちた枯葉には初霜がかかっています。

山は白く、谷も雪で埋れています。
その様子はとてもさみしげで、炭焼きの煙も上がっています。
こうして、楽しく華やかで贅沢な竜宮城での生活は、気がつけば3年も経っていました。

「30日だけここを離れたいと思う。
故郷の両親になにも告げず家を出たまま、もう3年も経ってしまった。
両親が心配なのだ。会って安心したい」

浦島太郎は妻にそう願い出ました。
「夫婦仲良く暮らそうと約束して、これまで3年を共に暮らしてきたではありませんか。

私はあなたの姿がちょっとでも見えないだけでも、どこでなにをしているのか心配ばかりしていたのに。
いま別れてしまったら、次はいつ会えるかわかりません。

夫婦はこの世も次の世も縁があるといいます。
この世が夢幻だとしても、次の世では必ず仲の良い夫婦でいてくださいね」

浦島太郎の言葉に、妻は泣くばかりです。
「いまはもう、なにも隠し立てはいたしません。

私は、この竜宮城の亀なのです。
江島が磯であなたに助けられた恩返しとして、あなたと夫婦になりました。

これは、私の形見です」
妻は正体を明かすと、美しい箱を取り出し、浦島太郎に渡しました。

「この箱を、決して開けてはいけませんよ」
会者定離のならい、出会いがあれば必ず別れもあるといいます。

けれど今は別れたくはありませんでした。
妻の歌
「日数へて重ねし夜半の旅衣立ち別れつついつかきて見ん」

太郎の返歌
「別れ行く上の空なるから衣ちぎり深くは又もきて見ん」
名残り惜しくはありましたが、形見の箱を持ち

浦島太郎は故へ帰ることにしました。
遥か遠くの故郷に想いを馳せ、来た時と同じように船で帰りました。

「かりそめに契りし人のおもかげを忘れもやらぬ身をいかがせん」
故郷に帰ってみると人の姿がありません。思いのほか荒れ果てています。

これはいったいどうしたことか。浦島太郎は草葺きの小さな家を見つけると、「ごめんください」と声をかけました。
中からは80歳ぐらいの老人が出てきました。

「このあたりに住んでいた浦島という者がどこに行ったか知りませんか」
「浦島のことを尋ねるとはどういうことでしょうか。
不思議なことを言う人だ。

浦島という人がここに住んでいたのはもう700年も前のことだそうですよ」
浦島太郎の問いかけに、老人はそう答えました。

それを聞いた浦島太郎は大変驚き、自分に起こったことをそのまま全て話しました。

老人は太郎に同情して涙を流し、向こうを指差しました。
「あそこに見える古い塚に立つ石塔は、浦島という人の墓と伝え聞いています」

浦島太郎は、草をかき分けながら荒れ野を歩き,塚にたどり着くと涙を流しました。
「かりそめに出でにし跡を来てみれば虎ふす野辺となるぞ悲しき」

浦島太郎は松の木の下に座り,あまりのことにどうしていいのか分からなくなっていました。
助けた亀であった妻がくれた形見の箱。決して開けないよう言われていたけれど、今はすることもなく、箱を開けてみることにしました。

すると、中からは3筋の紫雲が立ち上り、これを見た24・5歳の浦島太郎は鶴に姿を変えて空に飛んでいきました。
助けた亀は,太郎の年を箱の中にたたみ込んでいたのです。

箱の中には700年という年齢が入っていました。開けるなと言われていたけれど、開けなければ中身は分かりません。
「君にあふ夜は浦島が玉手箱あけて悔しきわが涙かな」

生きている者はみな思いやりがあります。恩知らずは人ではありません。
思いやりの心が強い夫婦は次の世でも夫婦になるというのは、たいへんありがたいことです。
浦島太郎は鶴になって蓬莱山の方へ飛んでいきました。亀を助けた浦島太郎は蓬莱の国で妻の亀と幸せに暮らしたことでしょう。

鶴亀は縁起の良いものです。人には思いやりがあり、思いやりのある人は将来幸せになることでしょう。
浦島太郎は丹後の国の浦島明神となり、亀と一緒に夫婦明神として祀られています。

めでたしめでたし


お話の評価

ページトップ