» 海幸彦山幸彦「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

海幸彦山幸彦「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

天孫降臨の後、瓊瓊杵命(ににぎのみこと)は木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)との間に火照命(ほでりのみこと)、火須勢理命(ほすせりのみこと)、火遠命(ほおりのみこと)を授かった。火照命はまたの名を海幸彦、火遠命は山幸彦という。
生まれた三柱のうち、海幸彦は海で魚を捕り、山幸彦は山で獣を狩って暮らしていた。
ある時、弟の山幸彦は兄の海幸彦に言った。
「私もたまには海で魚を採ってみたい。1日兄上の釣り針を貸してはくれませんか」
海幸彦はあまり乗り気ではなかったが、山幸彦があまりにも頼むので三度目で渋々それに応じた。そして山幸彦が海で魚を、海幸彦は山で獣を狩りに行った。

海幸彦は仕方なく山の獣を捕ろうとしたが、どうもうまくいかない。
「やはり、山幸彦は山の幸、海幸彦は海の幸。自分の道具でなくてはとることができないのだろう」
そう諦めて、山幸彦のもとへ行くと、彼もまた不漁のようだった。海幸彦が道具を戻さないかと問うと、海幸彦は言った。
「申し訳ありません。兄上の釣り針を海へ落して見失ってしまいました。」
それを聞いて海幸彦は怒った。山幸彦は困り経て、自身の十束剣を鋳つぶして大量の釣り針を作って兄に渡そうとしたが、元の釣り針でないと受け取らないと突き返されてしまった。
古事記より海幸彦山幸彦
山幸彦は途方に暮れ海で泣いていると、どこからともなく老人が現れた。
「なぜお前は泣いているのかね」
鹽椎神(しおつちのかみ)と名乗る神はそう優しく問うた。山幸彦は今までの経緯を鹽椎神に話すと
「なに、心配することはない。私が手を貸してやろう」
と言って竹籠の小船を造ってくれた。
「これに乗って潮の流れるまま行くと、綿津見神(わたつみのかみ)の宮殿に着く。そこの池のほとりに桂の木があるから、その木に登って待っていなさい。」
山幸彦は彼の言うとおりに行き、桂の木の上で待っていると、綿津見の宮殿の侍女が池のほとりに水を汲みにやってきた。山幸彦は侍女に水をくれとせがんだが、彼女が器に入れて差し出した水には口をつけず、首にかけていた首飾りの珠を緒から外し口に含むと、水の入った器に吐き出した。すると不思議な力で玉は器にくっつき、取れなくなってしまった。侍女は大変驚き、それを綿津見神の娘である豊玉毘賣(とよたまびめ)のもとに持っていった。豊玉毘賣は侍女から報告を受けると、自分の目山幸彦に会いたいと思い、外に見に行った。豊玉毘賣は山幸彦を一目見るなり、その見目麗しい姿に一目で心奪われてしまったのでした。
「この方は、天照大神の孫、瓊杵命の御子である火遠命だ。」
といって、宮殿にたくさんの敷物を敷き、そのそこに山幸彦を招きました。
そこで豪華な食事や、美しい舞を披露し、山幸彦を婿としてもてなしたのでした。そこで山幸彦と豊玉毘賣は結ばれ、その留まりました。

三年の後、山幸彦は兄の釣り針を無くしここに来たことを思い出した。
その話は豊玉毘賣から綿津見神に伝わった。綿津見神は大小の魚を呼び、釣り針について聞いた。すると魚たちは口をそろえて
「最近鯛の奴がのどに魚の骨が引っかかって物が食えないと愁いていました。今日もそのせいで来れないのです。」
というのです。その鯛を呼び、針を捕り清めたのち、山幸彦に献上した。
兄に針を返しに地上に戻る山幸彦に綿津見神は二つの珠を渡しながらいった。
「この針を渡す時に『この釣り針は、おぼ針、すす針、貧針、うる針』と唱えながら後ろ手に渡しなさい。兄が高い土地に田を作ったらあなたは低い土地、兄が低い土地に田を作ったらあなたは高い土地に田を作りなさい。もし、兄が攻めて来たらこの鹽盈珠(しおみちのたま)で溺れさせ、助けを乞うて来たら鹽乾珠(しおひのたま)で助けてあげなさい」
山幸彦は綿津見神の和邇の背に乗り地上の国へと帰った。この和邇は今日、佐比持神(さいもちのかみ)と呼ばれている。

地上に戻った山幸彦は言われたとおり後ろ手に釣り針を渡しながら
『この釣り針は、おぼ針、すす針、貧針、うる針』と唱えた。
すると海幸彦はみるみる貧しくなっていった。すると怒った海幸彦は心を荒くして攻めてきた。そこで、山幸彦が鹽盈珠を取り出すと山幸彦は溢れ出す潮に溺れて苦しみました。
「私が悪かった。許して潮を引いてくれ」
苦しくてたまらなくなってしまった海幸彦はそう許しを乞うた。そこで山幸彦は鹽乾珠を取り出して海幸彦を助けました。すっかり懲りた海幸彦は弟にはもう敵わないと思い、
「私は今後山幸彦、あなたに昼夜問わず仕えましょう」
と誓いました。

このことから、海幸彦の子孫である隼人族は、山幸彦の子孫である天皇家に仕えることになったのです。

<<木花咲耶姫 || 豊玉毘賣>>


お話の評価

ページトップ