» 温羅伝説(桃太郎原典・鳴釜神事のおこり)

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

温羅伝説(桃太郎原典・鳴釜神事のおこり)

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

第10代・崇神天皇の頃の話。
ある時、海の彼方から、鬼神が吉備国(現在の岡山県)に飛んでやってきました。
鬼神は温羅(ウラ または オンラ)という朝鮮百済の王子で、吉備冠者という異名もありました。
虎狼のごとく鋭い眼差し、髪やヒゲは燃えるように赤く、ぼうぼうと伸びていました。

身長は一丈四尺・・・4m近い大男。絶倫で荒々しい性格で凶悪。
彼はやがて新山に居城を構え、さらにその傍の岩屋山にも砦を築きました。
西国から都への貢ぎ物を略奪したり、女をさらったりとやりたい放題。

吉備の人々はこの城を「鬼ノ城」と恐れ、このままでは困ると都に行って天皇にその有様を伝えました。
人々の窮地を知った天皇はこれを憂い、武将を遣わして討伐を命じました。

しかし、温羅は大変な戦上手で、兵は神出鬼没。討伐は苦戦をしいられ、あえなく都に引き返してしまいました。
そこで、次は勇猛な四道将軍(よつのみちのいくさのきみ)・五十狭芹彦(イサセリヒコ)命に討伐を命じました。
命は大軍を率いて吉備国に下り、吉備の中山に布陣。西は片岡山(現在の楯築山)に石の楯を築き立てて防戦の準備をしました。

しかしさすがの命でも戦巧みな温羅には手を焼きます。
命が矢を射ると、温羅は岩を投げて応戦し、矢は岩に刺さって落ちてしまいます。
 -矢が刺さった落ちた巨岩は、矢喰宮に残っています。-

そこで命は考えをめぐらし、とても重い、頑丈な弓で二本同時に射る事にしました。
強羅伝説(桃太郎)
しゅっと放たれた二本の矢は風を切り、温羅めがけて真っ直ぐ飛びました。
「何度やっても同じ事!」と温羅は岩を抱えて矢に向かって投げたところ、一本は岩に当たり落ちましたが、もう一本は岩をかわし、温羅の左眼にズドン!と命中。
勢いよく血が噴き出し、流れた血は川となり、下流は浜が赤く染まってしまう程でした。
それで、血の川は『血吸川』、赤く染まった浜は『赤浜』という名がつきました。

温羅は雉に化けて山中に逃げましたが、命も鷹に化けて追いかけます。
ならばと鯉に化けて血吸川に入って行方をくらませましたが、命は鵜に化けてこれを噛み挟んで捕まえました。
−命が温羅を捕まえた場所には、後に鯉喰神社が建てられました-

温羅はついに命に降伏し、吉備冠者の異名を命に献上したので、命は五十狭芹彦(イサセリヒコ)から吉備津彦(キビツヒコ)に名を改めました。
命は温羅を厳しく罰し、首をはねて串刺しにし、晒し首にしました。
-そのあたりは後に首部(こうべ)という地名がつき、白山神社の境内には首塚が残っています。-

これで凶暴な鬼神は倒され、一件落着…と思いきや、死んだはずの首が唸り声をあげ続けました。
何年も何年も、首は腐ってもその声はやむことがありませんでした。
命は部下の犬飼建(イヌカイノタケル)に命じて犬に肉を食わせましたが、髑髏となって尚、唸り声はやみません。
今度は首を現在の吉備津神社の御釜殿の下に埋めました。しかしそれでも地中から唸り声が低く轟きました。
もうこれには命もお手上げです。

困り果てたある日、夢にあの温羅が現れました。
「阿曽(あそ)郷の祝(ほふり)の娘である我が妻・阿曽媛(アソヒメ)に、釜殿の神饌(みけ)を炊かせよ。もし世に事があれば竃の前に参り、幸あればゆたかに鳴り、禍いあれば荒々しく鳴ろせよう。命は世を捨て霊神となられよ。我がお主の使いとなり民に吉兆を告げてやろう…。」
目を覚ました命がその通りにすると、首が唸り声をあげることはなくなりました。
これが、吉備津神社に伝わる鳴釜の神事のおこりと言われています。


「温羅伝説」登場人物

<温羅>
朝鮮百済の王子で、吉備冠者という異名を持つ鬼神
<五十狭芹彦>
温羅退治を命じられた一人で後の吉備津彦。

お話の評価

ページトップ