» 猿女君「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

猿女君「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

猿田毘古神(サルタビコノカミ)の名を受け継いで猿女君(サルメノキミ)となられた天宇受賣命(アメノウズメ)には、このようなお話があります。

猿田毘古神が伊勢の阿耶訶(あざか)にいらっしゃって、漁りをなさった時のこと。
比良夫貝(ひらぶがい)が猿田毘古神の手を挟んで海の中へ引き入れ、猿田毘古神を溺れさせてしまったことがありました。
猿田毘古神が海底(うなそこ)に沈んでいった時の名を底どく御魂と言い、海水が逆巻き、水底から泡が立つ時の名をつぶ立つ御魂と言い、水面で泡が弾けた時の名を泡咲く御魂と言います。

天宇受賣命は猿田毘古神を送り届けて帰ってくると、直ちに鰭(ひれ)の広物、鰭の狭物を追い集めて、
「汝らは天つ神の御子にお仕えするか」
と、問い質しました。
魚達はみな口を揃え「お仕え致します」と答えましたが、海鼠(こ)だけは硬く口を閉ざしていました。

「この口や答へぬ口」
古事記より猿女

天宇受賣命は手早く紐飾りの付いた懐刀を抜き放ち、海鼠の口を抉り割いて仕舞われました。
海鼠の口が横に裂けているのには、このような謂れがあるのです。

そうして、御代ごとに島で採れた新鮮な速贄(はやにえ)を朝廷に献上する時には、猿女君等にも分け与えるようになったのでした。

※鰭の広物、鰭の狭物……大小様々な魚

<<天孫降臨 || 木花咲耶姫>>


お話の評価

ページトップ