» 猿蟹合戦「日本全国民話」

近代の物語

近代の物語

江戸時代から明治時代のお話。
文明が発達してもところどころに
残る不思議なお話や民話を多く
ご紹介してます

猿蟹合戦「日本全国民話」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

むかしむかし、蟹が握り飯を持って歩いておりますと、猿が近づいてきて言いました。
「おい、蟹よ。うまそうな握り飯を持ってるじゃないか。ちょいと俺がさっき拾ったものと交換しよう」
「おや、猿さん。あなたは一体何を拾ってきたんです?」

猿が広げた手を差し出して見せると、そこには柿の種がたった一つ乗っているばかりでした。
「猿さん馬鹿を言っちゃいけませんよ、こんなに小さくて食べられもしない種とこの握り飯を交換だなんて」
「いやいや、俺はこれ以上いい取引はないと思うがねぇ。今は小さな種だが、これを植えれば芽が出て大きな木になるだろう。そしたらそこに柿の実がそりゃあたくさんなって、握り飯一つよりもずっと得をすることになるんだぜ?」
「なるほど、確かにおっしゃるとおり。それならばぜひとも交換いたしましょう」
と蟹が大喜びして言うのを聞くやいなや、猿は握り飯と柿の種を取り換えると、握り飯をうまそうにたいらげてしまいました。

「いやぁ、ごちそうさま、それではさよなら」
猿は満足そうに家へ帰って行きました。

 蟹もまた家に戻ると、さっそく柿の種をまき、
「早く芽出せ柿の種、出さなきゃハサミでほじくるぞ」
と歌いながら水をやると、種から芽が出てどんどん成長していきました。

「早く実がなれ、柿の木よ、ならねばハサミでちょん切るぞ」
すると今度は枝いっぱいに大きな柿が実りました。

「なんておいしそうな柿、ひとつ食べてみましょう」
ところが、ハサミを伸ばしても木を登ろうとしても、まったく柿まで届きません。

「どうしたものでしょう」
と困っていると、そこへ猿が通りかかりました。

猿は柿の木を見上げると、しまったと額を打ちました。
こんなにはやく立派な実が成るならば、交換などするのではなかったと悔しく思ったのです。

どうしても柿が食べたくなった猿は、蟹にこう声をかけました。
「おい、蟹よ。俺が代わりに実を取ってきてやろう」
「おや、猿さん。それは大変助かります、お礼に少し差し上げましょう」
それを聞くと猿はするすると木に登っていきました。

猿は大きくて甘そうな柿を選ぶと、それをその場でぱくぱくと食べ始めました。
するとそれを下から眺めていた蟹はしびれを切らして
「猿さん猿さん、自分ばかり食べていないで、こちらにも渡してくださいよ」
と言うと、猿は
「よしわかった」
と言いながら、まだ青い柿を下へ落としました。

「いいえ猿さん、こんなに青いのでは渋くてとても食べられたものではありませんよ、猿さんが食べているような、甘そうなのをよこしてくださいな」
ところが、猿は顔をしかめると再び青くて硬い実をもぎ、
「うるさい、これでもくらえ」
と力いっぱい蟹をめがけて投げつけました。

柿は甲羅に命中し、蟹は「あっ」という悲鳴ひとつきりを残して死んでしまいました。
猿は、
「ざまあみろ」
と笑って抱えきれないほどの甘い柿を持って、逃げ去っていきました。

 猿が行ってしまった後、動かなくなった蟹から小さな蟹の子どもたちが生まれてきました。
子蟹たちは親蟹を取り囲んで嘆き哀しんでいますと、そこへ栗と臼と蜂、そして昆布が通りかかって尋ねました。

「子蟹たちや、一体どうしてそうも泣いているのかね?」
「にくい猿がぼくらのお母さんを騙して殺してしまったのです。このままでは悔しくてなりません、どうにか仇を討つことはできないものでしょうか」
栗たちは子蟹を哀れみ、また猿の振る舞いに憤ると、
「よし、わかった、我々が仇を討ってやろう」
と言って相談を始めました。
猿蟹合戦

 敵討ちの算段がつくと、栗、臼、蜂、昆布は猿の家へと留守を見計らって集まりました。
そして、栗は囲炉裏の灰の中へもぐりこみ、蜂は水桶の陰に隠れ、昆布は土間に寝そべり、そして臼は屋根の上にはい上がって猿の帰りを待ちました。
 夕方になって、ようやく帰ってきた猿は囲炉裏の傍に座り込んで、
「やれやれ、すっかり体が冷えてしまった」
と言いながら火に手をかざしました。

すると、ぱちんと弾けた栗が猿の鼻面へと思いっきり体当たりしました。
「あちちちち!」
飛び上がった猿は慌てて火傷を冷やそうと水桶に近づきますが、それを待ってましたとばかりに蜂が飛び出し、猿の身体をこれでもかと刺します。
「あいたたた!」

またもやびっくりして家から逃げ出そうとした猿でしたが、土間で待ち構えていた昆布を踏んづけてすってんころりん転んだところへ、今度は屋根から臼が落ちてきて、猿はぺったんこに潰れてしまいました。
こうして子蟹たちは仇を取ることができたのでした。


お話の評価

ページトップ