» 玉水物語:前篇-「御伽草子」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

玉水物語:前篇-「御伽草子」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

昔、鳥羽(三重県)の辺りに高柳の宰相という者がおりました。齢は三十を過ぎても子に恵まれず、神仏に祈ったところ、めでたく姫君を授かりました。それは大喜びし、大事に育て、姫君は光り輝かんばかりに美しく成長していきます。

月日が過ぎ、姫君が十四、五歳になりました。気立ての優しい姫君で、和歌が上手く、両親はこの子は格別な子なのだろうと思い、宮使いに差し上げようとしました。

ある日の夕暮、姫君は乳母子の月さえという者と女房ばかりをお供に連れ、花園へ出かけて遊んでいました。
この辺りは狐が多く住む、狐の住み処でした。一匹の狐が姫君の姿を目にし、
「なんと美しい御姿だろうか。せめて余所からでも構わないので時々御姿を拝見したいものだ…」
と、姫君に一目惚れしました。
そうしている内に姫君が帰られたので、狐も自分の住み処へと戻ります。狐はつくづく自分の身をかえりみて、
「私はどうして獣の身で生まれてきてしまったのだろう」
と考え、さめざめと泣き伏せました。
「そうだ、よき人に化けて姫君にお会いしてはどうだろう。……いや、必ず何かご迷惑がかかり、御両親が嘆かれるだろう。姫君の類まれなる有様に傷をつけてしまっては辛い」
狐はあれこれと思い悩んで日々を過ごしました。食事も喉を通らず、次第に体が弱ってしまい、横になって暮らしていました。
もしかしたらまた姫君の御姿を拝見出来るかもしれないと、例の花園へよろよろと出かけましたが、人に姿を見られ、石を投げつけられ、弓矢で狙われたりしました。それでも、どうにか姫君の御傍近くでいつも拝見出来たらどんなに心が晴れるだろう、と狐はまた考えを廻らせました。

ある一人の在家(普通の生活をしながら仏教に帰依する人)信者が、子供が男の子ばかりで、一人くらい女の子が欲しいものだ、と常々嘆いておりました。それを聞いた狐は、十四、五歳くらいの見目麗しい女に化けて、その者の家へ行きました。
「私は西の京の辺りに住んでいた者ですが、天涯孤独の身となり、頼る当てもないままに彷徨って参りました。どうか、こちらに置いて頂けませんか」
主の女房はその姿を見て、
「なんと御労しいこと。わたくしを親だとお思いなさい。ちょうど女の子が欲しかったところです」
と、喜んで迎え入れました。行くあてもない娘を愛しく思い、大事に扱いました。
けれどこの娘はいっこうに打ち解ける気配もなく、時々泣いていました。
「もし恋しい人がいるのなら、わたくしに隠さずに言ってごらんなさい」
と娘を慰めると、
「決してそのような事ではございません。悲しいことにこのような身の上ですので、結婚は考えておりません。ただ、美しい姫君の御傍で宮仕えしたいのです」
と申すので、
「よき所へ嫁いで欲しいと思っていましたが、それならば高柳殿の姫君がよいでしょう。頼んで差し上げましょう」
と言うので、娘は大層喜びました。
姫君の乳母に話が通り、「それならば参らせよ」と返答がきたので、娘は喜んで身なりを整えて行きました。容姿の美しい娘に、姫君も御喜びになり、玉水の前と名付けられました。

玉水は何につけても姫君の御傍から離れず、姫君の御遊びや御食事等、月さえと同じくして御仕えしました。
ある時、御庭に犬がやってくると、玉水は顔色を変えて、身の毛がよだつ様子で、物を口にしない程に怖がったので、姫君はそれを可哀相に思い、御所内には犬を入れないようにしました。
このように玉水は人に妬まれるくらいに姫君に大事にされていました。
しかし、玉水は時折思い悩んだような和歌を詠みます。それを姫君は心配していました。
玉水がそうした日々を送っている間も、養母は実の親よりも細やかに、玉水に手紙や衣裳などを送ってくれたりしていました。

お仕えするようになって三年目の神無月の頃。姫君の親しい人々と集まって、紅葉合(紅葉の美しさを競ってするもの)をすることになりました。
玉水は夜更けにお屋敷を抜け出すと、狐の姿に戻り、兄弟のもとへやってきました。玉水はとうに死んだものと思っていたので、兄弟たちは大喜びです。
「この三年、高柳殿の元でお仕えしておりました」
玉水は静かにこれまでのことを語りました。
「そして、実は明日は大事な紅葉合があるのです。なんとかして紅葉を探してきてくれませんか」
と頼むと、兄弟たちは「お安い御用だ」と承知してくれました。
御所には犬がいるか、と問う兄弟たちに、
「犬はおりません。安心してください」
と言い置いて帰りました。
御所に帰ると、姫君と月さえは玉水の帰りが遅いのを心配していました。
「今夜は約束した者と逢っておりました」
そう冗談を言うと、
「わたくしのことなんかきっと忘れてしまうのだわ」
と姫君も戯れで返されました。
「御傍を離れて他の方に添うつもりはございません」
「本当かしら」
と、笑う御姿を拝見し、玉水は感銘を深くしつつも、思うようにいかないなと思いました。

玉水の兄弟たちは山に入って見事な紅葉を探してきました。青、黄、赤、色、紫の五色の枝に、葉ごとに法華経の文字を摺ってあります。姫君もその見事さに目を奪われ、玉水に歌を詠ませて、五つの枝に五首歌をつけました。
玉水物語
紅葉合の当日。
姫君の紅葉に並ぶものはありません。五回合わせましたが、五回とも姫君が勝ちました。
そのことが帝の耳にも届き、その紅葉を献上するよう命じられました。見事な紅葉を見た帝は、今度は姫君を参内させるように関白に命じます。準備のために宰相に三カ所が下賜されました。お手柄だった玉水にも津の国のかく田という所が与えられ、玉水は度々辞退しましたが、受け取ることになり、養父母に預けることにしました。養父母は大喜びです。

しかし、ある時養母が病にかかってしまいました。どうやら物の怪のようで、症状が日を重ねる毎に重くなっていきます。
「玉水にもう一度会いたい」
と言うのを伝え聞いた玉水はお暇を頂戴し、お見舞いに駆けつけると、養母はこの上なく喜びました。
「前世でいかなる縁があったのでしょう。あなたのことがいつも気がかりです」
衰えた手で玉水の手をとって泣く養母に、玉水は何も言えずに泣くしかありませんでした。

|| 玉水物語:後篇>>


お話の評価

ページトップ