» 瓜子姫とあまのじゃく

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

瓜子姫とあまのじゃく

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (2)

むかし、むかし、あるところに、
おじいさんとおばあさんがおりました。

おじいさんは山へ芝刈りに、
おばあさんは川へ洗濯に行くと、
川上から大きな瓜がながれてきました。

こんぶり こんぶり どんぶらこ

おばあさんは瓜をひろいあげ、
持って帰っておじいさんと一緒にたべることにしました。

おばあさんが瓜をかかえて家に戻ると、
やがておじいさんも山から帰ってきました。

「じいさま、じいさま、おつかれさま。
今日は、川でいい瓜をひろいましたよ」

おばあさんが瓜をとりだしてまな板にのせると、
瓜がひとりでに割れて、
なかから小さなお姫様がうまれてきました。

「あれ、じいさま、瓜のなかから
赤んぼうがでてきた」
「これはふしぎじゃ。お姫様じゃ」

おじいさんとおばあさんは、この女の子を瓜子姫と名づけて、
大事に大事に育てることにしました。

瓜子姫は大きくなって、それはそれはとても美しい娘になりました。
おばあさんに教えられて、とても上手にはたを織ります。

ある日のこと、
おじいさんとおばあさんは、瓜子姫のお婿さんを探しに、
町へ出かけることになりました。

「瓜子姫や、わしらは町へ出かけるが、
しっかり戸を閉めて留守番するんじゃぞ」
「山からあまんじゃくがやってきても、
けっして戸を開けてはいけないよ」
「はい、けっして戸を開けません」

おじいさんとおばあさんが出かけると、
瓜子姫はひとりではたを織りはじめました。

きっこんぱったん からからとん
きっこんぱったん からからとん

はたの音が響きます。

すると、そのはたの音を聞きつけて、
山のほうからあまんじゃくがやって来ました。
うすぎたないボロの着物をきたあまんじゃくは、
戸口をトントンとたたきます。

「うりこひめやぁ、ここを、ちぃっと開けておくれよう」

あまんじゃくは優しい声を出していいました。

「ほんのすこしでいいからよぅ」

瓜子姫は首を横にふります。

「だめ、だめ、じいさまとばあさまが、開けてはならんといったもの」
「そんなこといわないで、手が入るだけ、ちぃっと開けておくれよう。ちぃっとだけなら、しかられやせん」

あまんじゃくがあまりしつこく頼むので、

「じゃあ、ほんとに、ちぃっとだけよ」

そう言ってすこしだけ戸を開けてやります。

「うりこひめやぁ、もうちぃっとだけ、あたまが入るだけ、開けておくれよう」
「だめ、だめ、じいさまとばあさまにしかられるもの」

それでもあまんじゃくが頼むので、

「じゃあ、ほんとに、あたまが入るだけよ」

そう言って瓜子姫がもうすこしだけ戸を開けてやると、
あたまが入るほどのすきまから、あまんじゃくが飛び込んできました。

「うりこひめ、うりこひめ、おらと一緒にかきもぎにいこう」

あまんじゃくは、瓜子姫の手をひっぱって誘います。

「いや、いやよ、お外へいったら、それこそじいさまとばあさまにしかられるもの」
「なあに、すぐ戻ればばれやせん」

あまんじゃくは瓜子姫の手をひっぱると、
無理やり裏のかきの木山までひきずっていきました。

かきの木山のかきの木には、
赤いかき、青いかきが、いっぱいなっておりました。
あまんじゃくはするすると木にのぼっていくと、
おいしそうな赤いかきを、ひとりでもいで食べてしまいます。

「わたしにも、赤いのとってよ」

木の下から瓜子姫が言うと、あまんじゃくはわざと青い実をなげつけます。

「いたい、いたい、やめてちょうだい」

瓜子姫があたまをかかえて逃げまわると、
あまんじゃくは木の上からいばって言います。

「そんなに食いたきゃ、自分でのぼってこい。
そんな着物じゃ木にのぼれるわけねぇから、
おらのとかえっこせにゃいかん」

あまんじゃくは無理やり瓜子姫のきれいな着物を脱がせると、
自分のうすぎたないボロをきせました。
そのうえ、あまんじゃくは瓜子姫のおしりをたたいて、
木の上にのぼらせてしまいました。

「いや、いや、おろして、おろして」

瓜子姫はこわくて泣きだしました。
赤いかきの実を取るどころではありません。
あまんじゃくはそのまま瓜子姫を木のえだにしばりつけると、
瓜子姫の家にとんで帰りました。
瓜子姫とあまのじゃく
瓜子姫の着物をきて、
瓜子姫にばけたあまんじゃくは、
しらぬ顔してはたを織ります。

ぎーこらぱーこら がらがらどん
ぎーこらぱーこら がらがらどん

やがて、おじいさんとおばあさんが町から帰ってきました。

「瓜子姫、いいお婿さんが見つかったぞぉ。
これからかごにのって、お嫁入りじゃ」

おじいさんとおばあさんはなにも知りませんので、
あまんじゃくの瓜子姫を、かごに乗せてしまいます。
そのままお婿さんのところへ、
おじいさんとおばあさんが送っていくことになりました。

にせものの瓜子姫を乗せたかごは、
村をとおり、畑をとおり、だんだんかきの木山に近づいていきます。

かきの木にくくりつけられた瓜子姫は、
そのかごをみてうたいました。

わたしがのってく そのかごに
あまんじゃくが のってるよ

おじいさんとおばあさんがおどろいてかきの木を見あげると、
ボロを着せられてはいましたが、瓜子姫がそこにいました。

「さては、あまんじゃくにやられたな。
かごに乗っとる花嫁が、あまんじゃくじゃな」
「よくも、瓜子姫をこんな目にあわせよったな」

ふたりはあまんじゃくをかごの中からひきずりだすと、
みっつに切ってしまいました。
おじいさんとおばあさんは畑にいくと、
それをあわの根っこと、そばの根っこと、きびの根っこにうめました。

いまでもあわとそばときびの根っこがあかいのは、
そのとき、あまんじゃくの血でそまったせいだといわれています。

瓜子姫は着物をかえ、美しくかみをといて、
もとの姿にもどりました。

そうして今度はちゃんとかごに乗って、
お婿さんのところへお嫁にいきました。

そうしていつまでも、しあわせに暮らしましたとさ。


お話の評価

ページトップ