» 修行者百鬼夜行に逢ふ事「宇治拾遺物語」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

修行者百鬼夜行に逢ふ事「宇治拾遺物語」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

今は昔、修行者が摂津国に行った時のお話です。
日が暮れて来たので修行者は龍泉寺というお寺に入りました。

龍泉寺は大きなお寺ではありましたが古ぼけており人が誰もおりません。
この寺では人が宿をとるような場所ではなかったので迷いましたが、辺りに宿をとる場所も無かったので仕方なく背負箱をおろしました。

不動真言を唱えていると真夜中になりました。
真っ暗で不動真言の声が響く境内に人の声が聞こえてきます。

人の声は一人二人のものではなく大勢の声がします。
声をする方を見に行くと手に火を持った人々が100人集まっていました。

よく見ると目が一つの者、頭に角が生えているものなど容姿が様々で人間ではない恐ろしき者たちでした。

恐ろしいと思いながらどうすることも出来ずにそこにいると各々が座していきます。
しかし、一人だけ座る場所がなく修行者の方をじろりと見ている。
「自分の座する場所には新しき不動明王様がおわす。今日は外へおいでください。」

そういうと自分を掴んで縁側へと座りました。
百鬼夜行
「夜が白んできた。」
と方々は一人また一人と帰って行きました。

修行者は早く夜が明けてこのような恐ろしい場所から一刻もはやくたちたいという気持ちでいっぱいでした。

夜が明けるとそこには寺もない、一面行く先も見えないほどの草原が広がっていました。
途方に暮れていると馬に乗った行列が修行者の近くを通りました。
修行者は嬉しく思い駆け寄ります。

「ここはどこですか?」
修験者が問うと馬に乗った方が答えます
「人とは珍しいここは備前国。と言っても奥地でな。今から館に帰るのだが共に来られるか?」

ここがどこかも行く宛もない修行者は喜んで付いて行きました。

そこから京の都へ行く道を教えてもらい船をとって都へと向かいました。

京へついた修験者は人々に自分が体験したことを語りました。

摂津国の龍泉寺という寺で宿をとったところ鬼たちが現れて所狭しと座していった。
そして、新しい不動明王様がいると言って鬼は軒先にさっと据えたと思ったら肥前国の奥の郡にいた。
このような驚くような体験をしたのです。と。


「修行者百鬼夜行に逢ふ事」登場人物

<修行者>
日本を修行して回る度の修行者。
京都を目指して摂津国に入った所、宿の宛がなく人気のない寺で宿をとることに

お話の評価

ページトップ