» 祇園精舎「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

祇園精舎「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

祇園精舎鐘音 諸行無常響有 沙羅雙樹花色 盛者必衰理彰…
祇園精舎の鐘の音は、常にその響きを変えている。
沙羅双樹の花の色はどれほどの勢いがあるものですら何れは滅ぶるという事をあらわしている。

権勢を誇る者も長くは続くものではなく、ただ春の夜の夢を見るようなものだ。
勇猛な者も何れは滅び行く。それはまるで風の前にある塵とおなじである。

遠い異国で例えれば、秦の趙高(ちょうこう)、漢の王莽(おうもう)、梁の朱忌(しゅい)、唐の安禄山(あんろくざん)…これらは皆、主君や皇帝の政治をないがしろにして、贅沢の限りを極め、他人の言う事も聞くこと無く、天下が乱れている事に気が付かず、民の憂愁に気づきもしないので長続きすること無く滅んだ者たちである。

我が国で例えれば、承平の平将門(たいらのまさかど)、天慶の藤原純友(ふじわらのすみとも)、康和の源義親(みなもとのよしちか)、平治の藤原信頼(ふじわらののぶより)、彼らは権威も勇猛さそれぞれ甚だしいものであったが、近頃では、六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公(たいらのきよもり)と申すお方のありさまは、人から伝え聞いてみると想像を絶するものがあり、言葉にすることもできない。
清盛公の祖先をたどってみると、桓武天皇(かんむてんのう)の第五皇子、一品式部卿葛原親王(かずらわらしんのう)の九代目の子孫である讃岐守平正盛(たいらのまさもり)の孫であり、刑部卿平忠盛朝臣(たいらのただもり)の嫡男である。

葛原親王の御子の高見王は官職を与えられぬまま崩御された。その御子である高望王の時に始めて平の姓を賜って、上総介もなられてからも皇族籍とは離れ臣下の列に並んでいた。平高望の子鎮守府の将軍、平良望(よしもち)は後に國香(くにか)と名を改める。
國香から正盛に至るまでの六代の間は、各国の受領だったが、まだ殿上人として宮中への昇殿すら許されなかった。
【古代】祇園精舎「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -
さて、平忠盛が備前守りであった頃、鳥羽上皇の御願寺、得長寿院を増進、三十三間の御堂をたてて、1001体の御仏を安置奉った。
供養は天承元年三月十三日にとり行われた、浄土を思わせるその御堂に御関心された鳥羽上皇は大変お喜びになられ、褒美として兼ねてから欠員であった但馬国の国守を平忠盛と定めらる。
鳥羽上皇は、なおも喜び平忠盛の昇殿をお許しになられ36歳で初めて昇殿を果たした。

しかし、武士である忠盛の昇殿を殿上人達は妬んだ。
彼らは同年の12月23日、五穀豊穣の節会の夜に忠盛を闇討ちする計画を進めていたのである。

|| 平家物語「殿上闇討」>>


お話の評価

ページトップ