» 祇王(前篇)「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

祇王(前篇)「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

入道相国は天下を手中に握っていました。そのため世の非難もかまわず、人の嘲りをも顧みず、思いがけないことばかりしていました。

例えばこんな話があります。
当時、都で評判の白拍子の名手に、祇王・祇女という姉妹がおりました。この二人は「とぢ」という白拍子の娘です。姉の祇王を入道相国が寵愛したので、妹の祇女も世の人は格別にはやしたてました。入道相国は母のとぢにも立派な家を造ってやり、毎月米百石・銭百貫を贈ったので、家中は富み栄え格別に恵まれていました。

 そもそも我が国に白拍子が始ったのは、鳥羽院の御代です。その時代、島の千歳・和歌の前という二人が舞いだしたのがきっかけです。初めの頃は水干を着て立烏帽子を被り、白鞘巻をさして舞ったので、男舞と呼ばれました。ところが途中から烏帽子・刀をやめ、水干だけを用いたため、それで白拍子と名づけられたのです。

京都中の白拍子たちは祇王の幸福のすばらしい様を聞いて、羨むものもあり、妬むものもありました。羨むものたちは「ああ、祇王御前の幸運はなんてすばらしいのでしょう。同じ遊女なら誰も皆あんなふうにありたいもの。きっとこれは祇という字を名につけたから、あんなにすばらいしいのでしょう。さあ、我らもつけてみよう」といって、あるいは祇一とつけ、祇二とつけ、あるいは祇福・祇徳などという者もありました。妬むものたちは、「どうして名や文字によることがあるのかしら。幸福はただ前世からの生まれつきなのでしょう」といって、祇をつけぬ者も多くおりました。

こうして清盛の寵愛を受けて三年ほどして、また京都で評判の白拍子の名手が一人現われました。加賀の国のもので、名を仏といいました。年は十六ということです。「昔から多くの白拍子がいたが、こんな舞はいままで見たことがない」といって、京都中の人々は貴賤上下なく格別にもてはやしました。

「わたしは天下に知られているけれど、いまあれほどすばらしく栄えていらっしゃる平家太政の入道殿に召されないのは残念なこと。押しかけ参るのは遊女の常、なんの不都合があろうか、こちらから参上してみよう」

仏御前はそういうと、ある時西八条へ参りました。
人が清盛のところへ参り、告げました。

「いま都で評判の仏御前が参っております」

それに対して清盛はこう仰った。

「なんと、そのような遊女は人に召されて参るものだ。勝手に参ることがあるものか。それに祇王の居るところへは、神でも仏でも参ることは許されぬ。早々に立ち去れ」

仏御前は清盛のすげない物言いにやがて立ち去ろうとしましたが、祇王は

「遊女が押しかけて参るのはよくあることです。それにまだ年若くございますが、たまたま思い立って参ったのを、すげなく返すのは不憫でございます。どれほど気恥ずかしく、また気の毒なことでしょう。白拍子はわたしが身を立てた道ですし、他人事とも思えません。舞をご覧になり歌をお聞きにならないまでも、対面だけでもなさってお返しくだされた、この上ない情けでございましょう。ご無理でも仏御前を召し返してご対面ください」

と入道に申したので、

「そうかそうか。お前がそんなに言うのなら、会って返そう」

清盛は使いをたてて仏御前をお召になった。
仏御前はすげなく言われて、車に乗り邸を出ようとしていましたが、召し返されて参りました。

「今日会うつもりはなかったが、祇王がなんと思ってかあまりに勧めるものだから、こうして会うことにした。会ったからには、声を聞かぬわけにはいくまい。今様を一つ歌ってみよ」

入道がこう仰ると、仏御前は「承知いたしました」と今様を一つ歌いました。

  君をはじめて見るをりは 千代も経ぬべし姫小松
  御前の池なる亀岡に 鶴こそ群れ居て遊ぶめれ

 (我が君を初めて見るときは、あまりにも立派なご様子なので、私は千年も命が伸びそうな気がいたします。我が君の御前の池にある中島の亀岩に 鶴が群がっていて、楽しそうに遊んでいるようです)

このように繰り返し三回歌い切ると、見聞きしていた人々はみな驚きました。
入道も興味深く思われて

「そなたの今様は見事であった。これなら舞もさぞ良いものであろう。一番見たいものだ。太鼓打ちを呼べ」

といって太鼓打ちをお召になりました。太鼓を打たせて、仏御前は舞を一番舞いました。
平家物語祇王
仏御前は髪格好を始め、見目かたち麗しく、声よく節回しも上手でした。どうして舞を仕損じることがるでしょう。思いも及ばぬほど立派に舞い終わったため、入道相国は舞に感心なさって仏に心を移されました。仏御前は、

「いったいこれはどうしたことでしょう。わたしはもともと勝手に参り追い出されたところを、祇王御前のおとりなしによって召し返されたというのに。このようにわたしを召し置かれたら、祇王御前がなんとお思いになるか。そのお心に対して決まりが悪うございます。はやくお暇を下さって邸から出して下さいませ」

と申したところ、入道は

「そのようなことは罷りならぬ。祇王がここに居ることが気になるというのなら、祇王を追い出そう」

仰いました。仏御前は

「それはまた、どうしてそのようなことがありましょう。祇王御前と一緒に召し置かれることでさえ心苦しゅうございますのに。まして祇王御前をお出しになってわたし一人を召し置かれるなど。祇王御前のお気持ちに対して決まりが悪うございます。もし後々までわたしをお忘れにならぬのなら、召されて参ることもありましょうが、今日のところはお暇をいただきましょう」

と申しました。入道は

「なんだと、そんなことはならぬ。祇王、そうそうに出て行け」

と使者を重ねて三度もお出しになりました。

祇王はもとより、いずれこの邸を出る覚悟はありましたが、昨日今日のこととは思いもよりませんでした。清盛が急いで出るようにとしきりに仰るので、部屋を掃いたり拭いたり塵を拾ったりさせ、見苦しいものを片付けて出て行くことになりました。旅に出て一本の木の陰で寝泊まりし同じ流れの水を飲むような、ほんの僅かな縁でも別れは悲しいのが世の常であるというのに。ましてこの三年間住み慣れたところであるから、名残惜しく悲しく思われて、いたずらに涙がこぼれるのでありました。いつまでもそうしていられないので、祇王はようやくこれまでと思って部屋を出ましたが、いなくなった跡の忘れ形見に思ったのか、泣く泣く襖に歌を一首書き付けました。

  もえ出づるも枯るるも同じ野辺の草いづれか秋にあはではつべき

 (春に草木が芽吹くように、清盛に愛され栄える仏御前も、清盛に捨てられる私も、しょせんは同じ野草の白拍子。どれも秋になって果てるように、誰が清盛に飽きられないで終わることがあるだろう)

そうして車に乗って我が家に帰り、襖の内に倒れ伏し、祇王はただ泣いてばかりいました。母や妹はこれを見て「どうしたの、どうしたの」と尋ねましたが、返事はなにもありません。お供の女に尋ねて初めて、そういうことがあったのを知ったのでした。

そのうち、毎月贈られていた米百石・銭百貫もとめられました。仏御前所縁の者達は、以前と変わって、清盛の寵愛を受け富み栄えたそうです。京都中の人々は、「祇王は入道殿からお暇をいただいて邸から出たそうだ。さあ祇王に会って遊ぼう」と手紙をよこす人や使いを出す人もいました。しかし祇王は、今更人に会って遊び戯れる気持ちもないので、手紙を受け取ることも使いの者に応じることもありませんでした。こんなことがあるにつけ悲しく、ますます涙に沈んでばかりいました。

<<平家物語「吾身栄花」 || 平家物語「妓王」(中篇)>>


<入道相国>
平清盛。平安時代末期の武将・公卿。

<祇王>
白拍子。清盛の心変わりにより都を追われる。

<仏御前>
白拍子。祇王にかわって清盛の寵愛を受ける。

<祇女>
白拍子。祇王の妹。

<とじ>
祇王の母。

お話の評価

ページトップ