» 神功皇后の新羅遠征「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

神功皇后の新羅遠征「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

――西の方に国がある。その国は金や銀をはじめとし、目の眩むような珍しい宝物で溢れている――。
そう神託を受けた皇后・息長帯日売(おきながたらしひめ)とその一行は、皇后に神託を授けた天照大神や底筒男(そこつつのお)・中筒男(なかつつのお)・上筒男(うわつつのお)ら住吉三神の教えに従い、軍隊を整え、多くの船を並べて筑紫より出立し、海を渡った。
すると、海中の魚どもが大小となく全て出て、船を背負って渡った。
さらに順風が盛んに吹き、船は波のまにまに進んだ。

勢いづいた皇后の船団は、大海をものともせず勇ましく波をかき分け進んでいく。
そして、ついに船団は新羅国に押し上り、国の半ばにまでたどり着いた。

海を渡って大船団が攻め込んできた――それを知った新羅国王は畏れおののいた。
「畏れ入った!!今から後は天皇の御命令のままに、馬飼として、毎年多くの船の腹を乾かさず、柁や棹を乾かさずに、天地のあらんかぎり、止まずにお仕え申し上げましよう!!」
新羅は戦わずして降伏し、天皇に従うと誓った。
こうして、皇后は新羅国を馬飼と定め、さらには百済国を船渡の役所(屯家)と定めた。

そこで皇后は、杖を新羅の国主の門につき立て、住吉の三柱の大神の荒い御魂を、国をお守りになる神として祭った後帰路に就かれた。
sinra

さて、これらの次第がまだ終わらないうちに、皇后のお腹の中の子がいよいよ生まれようとしていた。
そこで皇后は、お腹を鎮めるためにと石を取り、裳の腰につけていた。
その子は筑紫国に渡ってから生まれ、皇后はその子が生まれたところを宇美(うみ)と名づけた。
その裳につけていた石は、現在は筑紫の伊斗(いと)村にあるという。

また、皇后は筑紫の松浦縣(まつらがた)の玉島の里を訪れた際、その河の辺で食物をおあがりになった時に、四月の上旬の頃とのことで、その河中の磯にて、裳の糸を抜き取って飯粒を餌にしてその河の年魚(あゆ)を釣った。
その河の名は小河といい、その磯の名は勝門比売(かちとひめ)という。
今でも、四月の上旬になると女達が裳の糸を拔いて飯粒を餌にして年魚を釣ることが絶えないという。

<<神功皇后の神がかり || 香坂王と忍熊王の反逆>>


「神功皇后の新羅遠征」登場人物

<神功皇后>
仲哀天皇の皇后。住吉三神の神託に従い、自ら兵を率いて新羅に遠征し、戦わずして征伐。その帰路、皇子(のちの応神天皇)を出産した。

お話の評価

ページトップ