» 神武東征 -兄宇迦斯と弟宇迦斯-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

神武東征 -兄宇迦斯と弟宇迦斯-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2/5 (1)

神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)の一行が向かった宇陀の地には、
兄宇迦斯(エウカシ)と弟宇迦斯(オトウカシ)という兄弟がいた。
そこで、御子はまず八咫烏を遣わして問うことにされたのである。

「天つ神である御子が御出でになった。汝らはお仕え申すか」

兄宇迦斯は鳴鏑(なりかぶら)を構えると、使いを射返してしまった。
そこで、その鳴鏑が落ちた地は訶夫羅前(かぶらさき)といわれている。

兄宇迦斯は待ち撃たんと軍勢を集めた。
けれども軍勢は思うように集まらず、ひとまず御子に仕え申し上げると偽って大きな御殿を造り、その内に押機(おし)という落石の罠を作って待ち構えることにした。

さてしかし、弟宇迦斯が御子の元へお迎えに参り地に伏して申し上げるには
「私の兄、兄宇迦斯は天つ神である御子の使いを射返し、攻め行こうと軍勢を集めましたが上手くいかず、御子のためにとお造りした御殿の中に押機を仕掛けて御子を殺そうとしております。
そこで、お迎えに上がって兄の悪巧みを白状いたします」

これを聞いた大伴連らの祖先、道臣命と、久米直らの祖先、多久米命の二人は兄宇迦斯を呼び付けて罵った。
「お前が御子のためにお造り申し上げた御殿の内へは、まずお前が入ってお使え申す意志を明かせ」

言うやすぐさま太刀の柄を握り、矛を突きつけ、矢をつがえて追い入れるうちに、兄宇迦斯はたちまち自分が仕掛けた押機に打たれて死んだ。そしてその亡骸はすぐに引きずり出され、ばらばらに斬り散らされてしまった。
かくして、その地は宇陀の血原というのである。
古事記より神武東征
御子は弟宇迦斯が服属のしるしとして献上した品々をすべて御軍(みいくさ)に分け与え賜うた。
この祝いの席で御子が歌ったことには――

宇陀の高き城に 鴫罠張る
我待てど 鴫は掛からず
どうしたことか 鯨が掛かる

前妻がおかずを欲しがれば
タチソバの実のように身のない肉を 削ぎとってやれ
後妻がおかずを欲しがれば
イチサカキの実のように豊かな肉を 削ぎとってやれ

ええ しやごしや(此は敵意ぞ)
ああ しやごしや(此は嘲哄うぞ)

そして、弟宇迦斯は宇陀の水取(もいとり)らの祖先となったのである。

<<神武東征-布都御魂と八咫烏- || 神武東征-久米歌->>


お話の評価

ページトップ