» 禿髪「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

禿髪「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

こうして清盛公は、仁安三年十一月十一日、五十一歳で病気にかかり、生きながらえるために急いで出家をしました。法名は浄海と名乗られ、そのおかげか病気はたちまち癒えて、天寿を全うすることができました。
 彼に人々が従いつく様は、まるで吹く風が草木を靡かせるかのよう。世の人がみな彼を尊敬した事は、まるで降る雨が国土を潤すのと同じでした。
 六波羅殿に居住するご一家の公達といえば、花族も英雄も、面と向かって顔をあわせ、肩を並べる人はいませんでした。
 ですから入道相国の小舅である、平少納言時忠卿がおっしゃるには、「この平家一門にあらざる人は、みな非人である」と言われました。
 なので、どんな人も何とかして平家の縁者になろうとしました。
 衣装の着こなしから折り烏帽子の折り方をはじめ、なにごとも六波羅風といえば、天下の人はみなこれにならいました。

 またどんなに優れた賢王・賢主のご政治も、摂政関白のおとりはからいも、世間から見捨てられたろくでなしたちが、人の聞いていないところで、なにかにつけて悪口を言い非難することはよくあることでしたが、この清盛公の盛んな頃は、少しも軽んじて申す者がいませんでした。
 それというのも、入道相国のはかりごととして、十四や十五の童を三百人そろえ、禿といって髪のまわりを短く切って結ばずに垂らすいわゆるおかっぱ頭に、赤い直垂を着せて召し使われていましたが、その童が京中に満ちあふれ、往来していました。
heikemonogatari01
 たまたま平家を悪く言う人がいれば、一人もそれを聞きつけないうちはともかく、一人でも聞きつけるとすぐ残りの仲間へ知らせて回って、その家に乱入し、家財道具を没収し、その人を縛り上げて、六波羅へと連れて行きました。
 なので平家の横暴を目で見て、心に知っているとしても、言葉に出して申す者はいませんでした。
 六波羅の禿といったならば、道を過ぎる馬車も避けて通りました。
 「皇居の御門を出入りするけども、姓名を尋ねられることもなく、京師の長吏はこのために見て見ぬふりをする」と長恨歌にありますが、全くその通りでありました。

<<平家物語「鱸」 || 平家物語「吾身栄花」>>


お話の評価

ページトップ