» 秦伊呂巨と稲荷神「山城国風土記逸文(神名帳頭註)」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

秦伊呂巨と稲荷神「山城国風土記逸文(神名帳頭註)」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

『山城国(※1)風土記』の逸文(※2)では、
伊奈利社(稲荷社)の草創の由来について、このように紹介しています。

秦中家忌寸(はたのなかつえのいみき)らの祖先にあたる
伊呂具(巨)(いろぐ(こ))の秦公(はたのきみ)は、
稲などの穀物を積み貯えて、豊かなくらしを送っていました。

ある日、財産家だった彼が驕って、餅を的にして弓を射たところ、
餅はなんと白い鳥と化して山へ飛び去り、舞い降りた場所に稲が成りました。
秦伊呂巨と稲荷神
そこで伊呂具はこの場所に社を建て、稲が成ったことから
お社の名前を「伊奈利(いなり)」としました。

――その後、伊呂具の秦公の子孫の代になり、
過去のあやまちを悔いた子孫は、お社の木を根こそぎ抜いて家に持ち帰り、
植え直して、これを祀りました。

今では、その木を植えて息づけば福を得るといい、
枯れれば福は得られないといわれているそうです。

※1 山城国……現在の京都府南部
※2 逸文……原本が残っておらず、他の書物に引用される形で残っている文章のこと


お話の評価

ページトップ