» 筒井筒「伊勢物語(第二十三段)-作者知れず-」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

筒井筒「伊勢物語(第二十三段)-作者知れず-」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (1)

むかし、田舎回りをしている行商人たちの子どもたちがおり、家が隣同士の少年と少女は、井戸のまわりでよく遊んでいました。
年頃になってからはお互いに恥ずかしがってあまり会わずにいましたが、男はこの女を妻にしたいと思っていました。

女もこの男と結婚したいと思っていたので、親が他の男と結婚させようとするのを聞かないでいました。
そうこうするうち、隣の男は次のように歌を詠んできました。

『つつゐつのいづつにかけしまろがたけ すぎにけらしな妹(いも)みざるまに』
幼い頃、井戸枠と背比べしていた私の背丈も井戸を越してしまったようです。

あなたと長く会わないうちに。
女は次のように返事をしました。
『くらべこし振り分け髪も肩すぎぬ 君ならずしてたれかあぐべき』

あなたと長さを比べた振分髪も、いまは肩を過ぎました。
あなた以外の誰がこの髪を結いあげて、私を大人の女にしてくれるのでしょう。

など、お互い歌のやり取りをしているうちに、とうとう念願叶って二人は結婚しました。
筒井筒「伊勢物語(第二十三段)」

それから数年が経ち、女は親を亡くして生活の拠り所を失いました。
男はみすぼらしい状態でいられようかと思い、河内の国の高安郡に住む女のもとへ通うようになりました。

しかし妻は嫉妬する様子もなく、夫を河内の女のところへ行かせました。

男は、妻も浮気をしているから自分を追い出すのではないかと疑い、河内へ行ったふりをして、前庭の植え込みに隠れていました。
妻はとても美しく化粧をし、物思いにふけって歌を詠みました。

風吹けばおきつ白波たつた山 夜半にや君がひとりこゆらん
風が吹くと起きに白波が立つという龍田川を、あなたは一人、真夜中に越えていくのでしょうか。
どうか無事でいてください。

妻の詠んだ歌を聞くと、夫は妻をこの上なく愛しく思い、河内の国に通わなくなりました。
時折、男があの高安に来てみると、女ははじめの頃は奥ゆかしくしていましたが今は打ち解け、しゃもじを使って自分でお椀に飯を盛っていました。

男はそれを見て嫌気が差し、ますます高安へ通わなくなってしまいました。

そういうわけで、高安の女は男の住む大和の方角を見やって
君があたり見つつを居らん生駒山 雲なかくしそ雨は降るとも
あなたのいらっしゃる方を眺めて待っています。
生駒山よ、どうか雲で隠してしまわないで。たとえ雨が降ったとしても。
と歌に詠んで外を見ているうちに、大和の男はようやく「行くつもりです」と言ってきました。

女は喜んで待っていましたが、何度も約束を破られたので
君こむといひし夜ごとにすぎぬれば 頼まぬものの恋つつぞふる

貴方が来ると言った夜はいつも待ったけれど、あなたは来ないまま。
もうあてにはしてないけれど、あなたを恋い慕いながら日々を過ごしています。

と詠みましたが、男はとうとう通ってこなくなりました。

<<第九段:東下り || 第二十四段:梓弓>>


お話の評価

ページトップ