» 羽衣伝説「丹後国風土記:奈具社」

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

羽衣伝説「丹後国風土記:奈具社」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (2)

丹後国(現在の京都府北部付近)風土記が伝え記すには丹後国の丹波郡、その西北の方角の隅に比治の里という場所があった。この里の比治山の頂上に眞奈井(まない)という泉があった。今はもう沼となっているが、まだ泉であった頃、ここへ八人の天女が舞い降り水浴びを行っていた。

その水浴びを一組の老夫婦が見ていた。老夫婦は和奈佐(わなさ)の翁、嫗といった。老夫婦は泉のほとりにあった天女たちの羽衣の一つを密かに隠してしまった。水浴びを終えた天女たちは羽衣を纏い天へと戻って行ったが、隠された一人は天に戻ることもできず恥ずかしさからか水へ体を隠した。そこへ翁は近づき、声をかけた。「私たち夫婦には子供がいません。天女よ、どうか私たちの子になったもらえないでしょうか」

天女は「私一人だけ仲間から離れ、地上に残ってしまいました。どうしてそのお言葉に従わないわけがありましょうか。(あなたたちの子になりますので)どうか羽衣を返してもらえないでしょうか」と答えた。

翁は「天女ともあろう方は衣を返してほしいがために、私たちだまそうとするのですか」と問いただした。天女は翁へ「天の者の言葉は信実の心が根元にあります。どうしてこの心を疑って羽衣を返してもらえないのですか」と訴えた。

翁は「猜疑が多く、信がないのが地上の人の世なのです。そのためあなたの言葉もその心から疑ったのです」と言い、天女へ羽衣を返して夫婦の家へ帰り、そのまま一緒に十数年一緒に暮らすこととなった。

天女は酒を造るのが大変上手く、一杯呑めばあらゆる病気が治った。その一杯を得るために荷車に財宝が積まれ送られてくるほどであった。老夫婦の家は豊かになり、土地も豊かとなりいつしか土形(ひぢかた)の里と呼ばれた。これが現在比治というようになったのである。

十数年暮らしたのち、老夫婦は天女へ「お前は私たちの本当の子ではない。少しの間だけ住まわせただけだ。早くこの家から出て行きなさい」と伝えた。天女は天上を見上げて嘆き悲しみ、床にうつ伏せて「私は私自身が望んでこの家に居たわけではありません。

あなたたちが願ったことではありませんか。

どうして今になって嫌い出て行けと悲しいことを言われるのですか」と老夫婦へ訴えれど、翁はますます怒り、早く出て行くように天女へ求めた。少しして天女は涙を流しつつ老夫婦の家から出て、郷の者に「長く地上の人の世に残っていたために、天へ還ることもできません。また親しい間柄の者もいないのでこの郷に留まることもできません。どうすればよいのでしょう…どうすればよいのしょうか……」と言い残し、涙を拭って嘆き天を見上げて歌を詠むには、

天の原 ふり放(さ)け見れば 霞立ち 家路まどひて 行方知らずも
kotodama_nagu

そうして里を離れ荒塩の村に着き、「老夫婦の心を思えば私の心は荒塩と何も変わりはありません」と村人に言った。このことから荒塩の村というようになる。また丹波の里の哭木(なきき)の村に着いては槻(つき、ケヤキ)の木に凭れ泣いた。そのため哭木の村という。また竹野郡船木の里奈具の村に到り、村人へ「この村に着いて私の心は落ち着き平和になりました(※1)」と言い、この村に住むようになった。
これはすなわち竹野の郡奈具の社に奉られている豊宇賀能賣命(とようけのひめのみこと)のことである。

※1 本文は「古事に平善(たひらけ)きをば奈具志と云ふ」の記載が見受けられる


「羽衣伝説」登場人物

<天女>
衣を隠され老夫婦の子に
<老夫婦>
天女の衣を隠し、自分たちの子になるよう願い出る

お話の評価

ページトップ